Menu
(0)

Search

悪役クリス・プラット、イーサン・ホーク&デイン・デハーンと対決 ─ 伝説ガンマンと保安官描く西部劇『ザ・キッド』米予告編

https://www.youtube.com/watch?v=qpMyCaQGlqU サムネイル

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』『ジュラシック・ワールド』シリーズのクリス・プラットが、西部劇の世界で悪役に挑む。

『恋人までの距離』(1995)をはじめ数々の映画で知られる名優イーサン・ホーク、『ヴァレリアン 線の惑星の救世主』(2017)デイン・デハーンが主演を務める映画『ザ・キッド(邦題未定、原題:The Kid)』の米国版予告編が公開された。

イーサン・ホーク、デイン・デハーン、クリス・プラットという顔合わせだけで映画ファン・海外俳優ファンにはたまらない一作だが、本作のポイントは、ドラマ「Marvel デアデビル」(2014-)などで知られる俳優ヴィンセント・ドノフリオが監督を務めているところにもある。ヴィンセントとイーサン、クリスの3人は『マグニフィセント・セブン』(2016)で共演。ヴィンセントはクリス主演の『ジュラシック・ワールド』(2015)にも出演していた。

『ザ・キッド』でイーサンが演じるのは、実在の保安官パット・ギャレット。デインは数々の映画・ドラマに登場してきた“伝説のアウトロー”、天才ガンマンにして強盗のビリー・ザ・キッドを演じる。ある日、ビリーを追っていたパットは、ひとりの少年リオと出会う。リオは恐ろしい叔父(クリス)から姉を救うため、アメリカの南西部を横断している途中だった。パットに連れられて旅をするうち、リオはパット&ビリーの追跡劇に深く関わっていく。そして家族を守るため、ビリーのようなアウトローか、それともパットのような正義の執行者か、どちらの種類の人間になるのかという選択を迫られるのだった……。

西部開拓時代の義賊として知られるビリー・ザ・キッド、彼を追ったパット・ギャレットを新たな切り口で描き出す『ザ・キッド』では、脚本を『アメイジング・ジャーニー 神の小屋より』(2017)のアンドリュー・ランハムが執筆。原案はヴィンセント・ドノフリオ監督とアンドリューが共同で担当した。予告編を見るかぎり、本作はハードな暴力描写をともなった硬派な西部劇映画となっている模様。もちろん、見どころは強力な俳優陣が見せる演技のアンサンブルだろう。ヴィンセント監督自身も保安官役で出演しているとのこと、そちらにも注目したい。

少年リオを演じるのは、本作でデビューとなる新人ジェイク・シューア。その姉役にはヴィンセント監督の実娘であり、『移動都市 モータル・エンジン』(2019年3月1日公開)のレイラ・ジョージが起用された。

映画『ザ・キッド(邦題未定、原題:The Kid)』は2019年3月8日に米国公開予定。悪のクリス・プラット、ぜひ日本の映画館でも見せてください…!

Source: Deadline

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly