Menu
(0)

Search

『スター・ウォーズ / 最後のジェダイ』新女性キャラ、ローズ・ティコに迫る ― タッグを組むフィンの「変化」とは

©Walt Disney Studios Motion Pictures ©2017 & TM Lucasfilm Ltd. 写真:ゼータ イメージ

映画スター・ウォーズ / 最後のジェダイ』には、レジスタンスの一員としてローズ・ティコという新女性キャラクターが登場する。演じるのは本作への起用が大抜擢となったケリー・マリー・トランだ。本編で、彼女はジョン・ボイエガ扮するフィンとタッグを組んで活躍することになるという。

しかしこのローズ・ティコとはどんな人物なのか、そしてフィンとはどんな関係性を築いていくのか……。米エンターテインメント・ウィークリー誌にて、トランとボイエガが二人の冒険について語っている。

レジスタンスの“無名の”メカニック

実は本作『最後のジェダイ』で初登場するローズ・ティコには、同じくレジスタンスに所属する姉のペイジ(演じるのはゴー・タイン・バン)の存在がある。ティコがレジスタンスのメカニック、いわば“裏方”の存在であるのに対して、ペイジはポー・ダメロン(演:オスカー・アイザック)ら“スター”たちとともに戦闘の最前線に切り込んでいくのだ。彼女たちには、ファースト・オーダーによって故郷を破壊された過去があるという。

そんなティコにとって、前作『スター・ウォーズ / フォースの覚醒』(2015)でスターキラー基地の破壊に参加したフィンはまぎれもなく“ヒーロー”だ。ティコを演じるトランは、自身の役どころをこう説明する。

「ポー・ダメロンは超クール、フィンも超クール。でも(ティコの)仕事はすごいのに、彼女は知られていない。クールじゃないし、名もなき裏方の人間なんです。それが彼女の興味深いところで。最高の存在でも、何かの血筋を引いているわけでもない、まさに大勢の人たちのような存在なんですよ。」

しかし、そんな彼女の存在に突き動かされることになるのが“ヒーロー”であるフィンだ。なにせヒーローであるはずの彼は、再び戦いから逃れようとしているというのである。

「フィンがティコと出会う時、彼はすべての戦いから脱出しようとしているんだ。去っていこうとしてるんだよ。でも彼女が現れて、彼は自分自身の心境に気づかされる。それが必ずしも真実じゃないとしてもね。
今こそフィンにとってはベストを尽くす機会なんだ。彼は決断を迫られて、ティコはその選択を助けるのさ。」

ところがエンターテインメント・ウィークリー誌によると、戦いに挑んでいくフィンの内側では“逃げたい”という衝動が今もあり、そんな彼をティコは全力でアシストすることになるようだ。これはデコボコタッグの予感がする……。

フィン&ティコが挑むミッション

『最後のジェダイ』で、フィンとティコはあるミッションに二人で挑むことになるという。それが、惑星カントニカ(Cantonica)にあるカジノ・シティ「カント・バイト(Canto Bight)」への旅だ。この「カント・バイト」、果たしてどんな街なのか……。脚本・監督を兼任するライアン・ジョンソンは、その造形をこのように語っている。

「街全体が豪華なリゾート地のようなんだ。放棄された不毛の惑星に作られた、まるでエイリアンのいるラスベガスみたいな場所だよ。そう、きっとベガスさながらだね。」

もっともジョンソン監督は、米VANITY FAIR誌ではカント・バイトを「ウルトラ・グラマー」で「金持ちのクソ野郎」のための「プレイグラウンド」とも表現している。監督のラスベガスに対する認識やいかに?

ともあれジョンソン監督によれば、フィンとティコによるミッションは物語において非常に重要なものとなりそうだ。

「レイはジェダイ・マスターと遠くの土地にいて、レジスタンスは厳しい状況に置かれている。それらのストーリーを交互に進めるから、自然と並行的な構造になるよね。でも(本作には)新たなキャラクターがいて、彼らは新しい出来事に挑むんだ。突き詰めていくと、それがこの映画らしさを生んでいるんだよ。ユニークなものになると思うな。」

『フォースの覚醒』から続くフィンの物語には、新たな女性キャラの登場によってどんな変化が生じるのだろうか。『最後のジェダイ』でジョンソン監督が仕掛けた企みに期待したい。

映画『スター・ウォーズ / 最後のジェダイ』は2017年12月15日より全国ロードショー

Source: http://ew.com/movies/2017/08/09/star-wars-last-jedi-finn-rose-john-boyega-kelly-marie-tran/
©Walt Disney Studios Motion Pictures ©2017 & TM Lucasfilm Ltd. 写真:ゼータ イメージ

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly