Menu
(0)

Search

『スター・ウォーズ』赤いタイトルロゴは過去にもあった!『ザ・ラスト・ジェダイ』の赤色が異質な理由

2017年1月24日、ついにタイトルが発表された、映画『スター・ウォーズ エピソード8』改め『スター・ウォーズ ザ・ラスト・ジェダイ(原題)』。邦題は『最後のジェダイ』となるのか、それとも意表を突いたタイトルになるのか……。ともかく、タイトルが発表されるやいなや、Twitterでは「最後のジェダイ」がトレンド入りするなど、早くも注目度の高さが伝わってくる。

この『ザ・ラスト・ジェダイ』というタイトルのポイントになりそうなのは、大きくわけて二点ある。一つは「ラスト・ジェダイ」とは誰なのか、どんな意味なのかということ。そしてもう一つは、なぜタイトルロゴが赤いのかということだ。ラスト・ジェダイが誰か……という点は、THE RIVERでもさっそく上の記事で予想しているほか、数多くのファンが予想・考察している。そこで本記事では、「赤いタイトルロゴ」に注目してみることにしよう。

赤いタイトルロゴは過去にも存在した

『スター・ウォーズ』のタイトルロゴは、もちろん黄色がおなじみのカラーである。今回のような赤色はイレギュラーであり、『ザ・ラスト・ジェダイ』が異質な作品になることを早くも示しているかのようだ。

もっとも『スター・ウォーズ』シリーズで、こうした赤いロゴが使用されたのは初めてではない。1983年に公開された『エピソード6/ジェダイの帰還』では、予告編に赤いロゴが堂々と登場している。

https://www.youtube.com/watch?v=3Ocn-_ZCPSg TM & © Lucasfilm Ltd.
https://www.youtube.com/watch?v=3Ocn-_ZCPSg TM & © Lucasfilm Ltd. (LFL) 1983

『ジェダイの帰還』の場合、タイトルが“REVENGE OF THE JEDI(ジェダイの復讐)”だったころから赤いロゴが使用されていた。昨年(2016年)に復元・公開された『ジェダイの復讐』当時の速報映像では、赤いロゴの存在を、より鮮やかな発色で確認することができる。映画の製作当初から、インパクトのあるビジュアルがイメージされていたことが窺えるというものだ。

また、プリクエル3部作の完結編である『エピソード3/シスの復讐』予告編でも赤いロゴが使用されていた。『ジェダイの帰還(復讐)』や、今回の『ザ・ラスト・ジェダイ』のロゴとは趣向が異なり、おそらくタイトル通り、シスの脅威を前面に押し出すためのデザインだろう。

https://www.youtube.com/watch?v=5UnjrG_N8hU © 2005 Lucasfilm Ltd. & TM.
https://www.youtube.com/watch?v=5UnjrG_N8hU © 2005 Lucasfilm Ltd. & TM.

それでも『ザ・ラスト・ジェダイ』の赤色は異質

むろん本記事は、『ザ・ラスト・ジェダイ』の赤いロゴがさして珍しいものではないと主張したいのではない。むしろ筆者は、今回こそ明らかに“異質”なロゴだと考えている。

たとえば『ジェダイの帰還(復讐)』や『シスの復讐』がロゴの全体が赤かったのに対して、『ザ・ラスト・ジェダイ』では「スター・ウォーズ」部分の、しかも文字の縁だけが赤色になっている。ここには従来のデザインを踏襲する意図もあるはずだが、これまでの赤色ロゴが「赤色を押し出す」ことを目的にしていたとしたら、今回は「いつものスター・ウォーズに赤が侵食してきた」ような印象を受けるだろう。また、『ジェダイの帰還(復讐)』『シスの復讐』は「3部作の完結編」だったが、『ザ・ラスト・ジェダイ』は「3部作の2作目」にあたる。ビジュアル・イメージを単純に反復しているわけでもなさそうだ。

https://www.youtube.com/watch?v=MAW1E3JIQZE TM & © Lucasfilm Ltd. (LFL) 1983 http://www.starwars.com/news/the-official-title-for-star-wars-episode-viii-revealed TM & © Lucasfilm Ltd.
https://www.youtube.com/watch?v=MAW1E3JIQZE TM & © Lucasfilm Ltd. (LFL) 1983
http://www.starwars.com/news/the-official-title-for-star-wars-episode-viii-revealed TM & © Lucasfilm Ltd.

いずれにせよ『ザ・ラスト・ジェダイ』のロゴは、どこか本作がダークなストーリーになることを想像させる。シスの赤色だからか、それとも赤という色の持つ意味合いからだろうか。カイロ・レン役のアダム・ドライバーが、『ザ・ラスト・ジェダイ』が『エピソード5/帝国の逆襲』を彷彿とさせるストーリーになると話していただけに、きっと今回のロゴは映画の雰囲気にピッタリなのだろう……と思いきや、脚本・監督のライアン・ジョンソンはこんなことを語っていた。

「僕は(『ザ・ラスト・ジェダイ』を)最高に楽しい、ファニーな映画にしたい。『フォースの覚醒』や、オリジナルの『スター・ウォーズ』と同じやり方で行きたいんだ」

またライアン監督は、『ザ・ラスト・ジェダイ』というタイトルを、脚本の初稿を執筆した時点で決めていたという。タイトルは『ザ・ラスト・ジェダイ』、しかし作風はライトかつファニーで、ロゴはシスの赤色……。情報を整理するほど、どんな映画になるのかさっぱり分からなくなってきた。

ちなみにファンの間では、『ジェダイの帰還』『シスの復讐』がアナキン・スカイウォーカー/ダース・ベイダーの死を描く物語だったことから、今回もアナキン/ベイダーが登場するという説、またアニメ『クローン・ウォーズ』でダース・モールの登場するエピソードのタイトルが赤色になったことから、今回もダース・モールに関係しているという説などがある。もちろん、いずれも根拠は薄いのだが……。

映画『スター・ウォーズ ザ・ラスト・ジェダイ(原題)』は2017年12月15日公開。さらっと黄色いロゴに戻っている、なんてことがないよう祈りたい。

sources: https://www.wired.com/2017/01/bad-feeling-sith-red-star-wars-logo/
http://www.digitalspy.com/movies/star-wars/news/a795586/star-wars-a-long-lost-revenge-of-the-jedi-trailer-has-been-discovered/
http://comicbook.com/2017/01/23/star-wars-the-last-jedi-what-does-the-red-logo-mean-/
http://www.usatoday.com/story/life/movies/2017/01/09/star-wars-episode-viii-rian-johnson-mark-hamill/96351428/
Eyecatch Image: https://www.youtube.com/watch?v=MAW1E3JIQZE
TM & © Lucasfilm Ltd. (LFL) 1982

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly