Menu
(0)

Search

【最速レビュー】『The Last of Us Part II』前作を凌駕するビジュアルと圧倒的な没入感、“絶望と希望”の狭間に立たされる物語

The Last of Us Part II
©Sony Interactive Entertainment LLC. Created and developed by Naughty Dog, LLC.

全世界で200以上のゲームアワードを受賞した、傑作サバイバルアクションの決定版『The Last of Us(ラスト・オブ・アス』のエンディングから5年後の物語を描く正当な続編『The Last of Us Part II』が、2020年6月19日に満を持して発売される。

THE RIVERでは、世界中の人々が夜も眠れぬ日々を過ごしながら待ち望んでいるであろう、続編『The Last of Us Part II』を一足先にプレイする機会に恵まれた。そのレビューをお届けしたい。

前作『The Last of Us』のおさらい

前作『The Last of Us』の物語に言及しています。

まずは、前作の物語を振り返るところから始めたい。『アンチャーテッド』シリーズなどの開発会社Naughty Dogが2013年に発表した『The Last of Us』は、人間を凶暴化させる謎の感染爆発によって荒廃したアメリカが舞台となる。かつて娘を失った主人公ジョエルと、孤独な少女エリーの危険な旅路を描いた作品だ。

感染爆発から20年、未だ有効なワクチンが開発されていない状況だ。感染者には様々な形態があって、かろうじて人間の姿を留めたものから、完全に怪物化したものまでいる。しかし、生存者にとっての敵対勢力は決して感染者だけではない。秩序が崩壊した世界で、食料や武器を手に入れるため、手段を選ばずに行動する人間こそが恐るべき脅威なのだ。

ある日、ジョエルはワクチン開発のために、寄生菌の免疫を持っているエリーをレジスタンス組織「ファイヤーフライ」に送り届けるという任務に繰り出すことになる。最初こそ、一定の距離を保ちながらエリーと接していたジョエルだが、危険に満ちたアメリカ横断の長旅を乗り越えていく中で、 次第に亡くなった娘の姿をエリーと重ねるようになり、 実の親子のような関係へと絆を深めていく。ところが、そんなジョエルの前に、ある苦渋の決断が待ち受けていた……。

復讐のため、エリーの旅が再び始まる

The Last of Us Part II
©Sony Interactive Entertainment LLC. Created and developed by Naughty Dog, LLC.

『The Last of Us Part II』は前作から5年後が舞台。逞しく成長したエリーはジョエルと共に、ワイオミング州ジャクソンの安全なコミュニティで、パトロール隊として献身的に活躍しながら、新しい仲間たちと共に平穏な日々を過ごしている。

しかし、自警団によって守られているコミュニティの外では、今も変わらず様々な危険が存在。脅威の収まらない寄生菌によって更に凶暴化が進んだ恐ろしい感染者や、対立する生存者たちの激しい闘争だ。そんな中、ようやく取り戻したエリーの平和を一瞬にして崩壊させる凄惨な出来事が起こる。エリーは人生を狂わせた者たちに復讐を果たすため、シアトルへと旅立っていく。

ジャクソンからシアトルへ

The Last of Us Part II
©Sony Interactive Entertainment LLC. Created and developed by Naughty Dog, LLC.

ストーリーは基本的に、元隔離地域のシアトルの残存部で展開される。高層ビルが連なる都市から、美しい郊外や荒れた海岸まで、実に様々な景観のある場所だ。ここでは感染拡大と隔離地域の崩壊で領土と資源を巡って、二つの勢力が争っている。その一つが、軍隊的な規律で働く「WLF(ワシントン解放戦線)」という武装集団。シアトル大半を占拠しており、侵入者は子供であっても容赦なく抹殺するような熾烈な組織だ。

一方、「WLF」と対立しているのが「セラファイト」と呼ばれる民族集団で、顔に深い傷が刻まれている特徴から「スカー」とも呼ばれている。身を潜めたプレイヤーの匂いを感知する番犬や近代兵器を装備して戦う「WLF」に対して、「セラファイト」は口笛で敵の居場所を仲間に知らせながら、弓矢で侵入者を追い詰めていく。そんな危険な集団が治める地域を、エリーは必死に掻い潜らなければならない……。

圧倒的な疑似体験

The Last of Us Part II
©Sony Interactive Entertainment LLC. Created and developed by Naughty Dog, LLC.

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly