『死霊館のシスター』米YouTube広告、怖すぎて削除される ― 運営側「規約に違反」

大人気ホラーシリーズ『死霊館』の最新作、映画『死霊館のシスター』の米YouTubeにおける広告映像が、怖すぎるせいで削除されていたことがわかった。

『死霊館のシスター』は、YouTubeにて動画を閲覧する直前に数秒間~数分間の映像が自動再生されるYouTubeの広告システムを利用してプロモーションを展開。問題の広告はわずか6秒間の映像だが、画面上に音量を調整するアイコンが数秒表示されたあと、いきなり大音量とともにシスターの顔が突然映し出されるという内容だった。いきなりの仕掛けによってユーザーをビックリさせる、いわゆる「ジャンプスケア(jump scare)」という手法である。


この広告が公開されるや、米国などのYouTubeユーザーは戦慄した。ただYouTubeで動画を見たいだけなのに、強制的に6秒間の恐怖映像を味わわねばならなくなるのである。あるユーザーが注意を呼びかけたツイートは13万回以上のリツイート、14万回以上の「いいね」を記録していた。

「注意! YouTubeで音量調整の広告が出てきたら音量を下げて。『死霊館のシスター』のジャンプスケア以外の何物でもありません。不安な人や本当にジャンプスケアが嫌いな人は、目をそらしたり、音量を下げたりすることをお薦めします。命を守るためにリツイートしてください。」

2018年8月13日(現地時間)、米YouTubeはこの事態に反応。このユーザーに感謝を表明するとともに、広告を停止することを決定した。

「注意を呼びかけてくださり、ありがとうございます。この広告は我々のショッキングなコンテンツに関するポリシーに違反しており、すでに広告としての配信を停止しています。」

 

死霊館のシスター

(C)2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

米YouTubeの広告に関する規約には、「広告における暴力表現やショッキングな表現」という項目が用意されており、「ショッキングだとみなされる表現」には「陰惨な画像」や「身体的外傷をともなう画像や記述」、「(ユーザーを)驚かせる、怖がらせる広告」との表記がある。問題の広告は、こうしたルールにのっとって削除されたということだろう。

2018年8月15日現在、米YouTubeの発表通り、『死霊館のシスター』の広告映像は配信されていない。ただし一般のユーザーが問題の映像を記録していたため、YouTubeではその内容を見ることができる状態だ。もしも興味がおありの方は、YouTubeにて「the nun ad」で検索してみてほしい。しかし、いわゆる“閲覧注意”の映像であることに変わりはない。くれぐれも自己責任でご閲覧いただければ幸いである。

映画『死霊館のシスター』は2018年9月21日(金)より新宿ピカデリーほか全国ロードショー

『死霊館のシスター』公式サイト:http://wwws.warnerbros.co.jp/shiryoukan-sister/

1秒目から怖い!『死霊館のシスター』9月21日公開決定、「最恐」の特報映像が到着

Source: GIZMODO

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。