Menu
(0)

Search

1秒目から怖い!『死霊館のシスター』9月21日公開決定、「最恐」の特報映像が到着

死霊館のシスター
(C)2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

全世界で1,350億円超えという驚異的な興行収入を示す大人気ホラーシリーズ『死霊館』の最新作『The Nun』が、邦題『死霊館のシスター』として2018年9月21日(金)に日本公開されることが決定。1秒目から怖い特報映像と場面写真が到着している。

実在する心霊現象を映画化した『死霊館』(2013)は、全世界で360億円以上の興行収入を記録する大ヒットを達成。その後も『死霊館 エンフィールド事件』(2016)や、前日譚となる『アナベル 死霊館の人形』(2016)、『アナベル 死霊人形の誕生』(2017)とその世界観はシリーズ化されて大ヒットシリーズとなった。

本作『死霊館のシスター』は、ついにシリーズすべての恐怖の始まりを描く物語だ。
1952年のルーマニアの修道院でひとりのシスターが自らの命を絶つ。不可解な点の多い自殺に、教会はバーク神父と見習いシスターのアイリーンを修道院へと派遣した。二人はこの事件を追うにつれ、修道院に隠された秘密とともに、いまだかつてない恐怖“悪魔のシスター・ヴァラク”と対峙することになる。果たして、この修道院に隠された想像を超える秘密とは? そして、悪魔のシスターの目的とは一体何なのか……。
このたび公開された特報映像も、その不穏さと恐ろしさが詰まった“最恐”の仕上がり。ホラーが苦手な人は要注意だ…!

死霊館のシスター
(C)2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

『死霊館のシスター』で主人公アイリーンを演じるのは、『死霊館』シリーズでロレイン・ウォーレンを演じたヴェラ・ファーミガの妹タイッサ・ファーミガ。バーク神父を『エイリアン:コヴェナント』(2017)のデミアン・ビチルが演じる。
製作は『死霊館』の生みの親であるジェームズ・ワン、監督は『ザ・ハロウ/侵蝕』(2015)のコリン・ハーディ。脚本は『アナベル』シリーズや『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』(2017)のゲイリー・ダウバーマンが執筆した。

映画『死霊館のシスター』は2018年9月21日(金)より新宿ピカデリーほか全国ロードショー(配給:ワーナー・ブラザース映画)。

(C)2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly