Menu
(0)

Search

オーランド・ブルーム&スコット・イーストウッド出演、アフガン戦争の実話映画が米公開決定 ─ ケイレブ・ランドリー・ジョーンズも

THE RIVER

『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズなどのオーランド・ブルーム、『パシフィック・リム: アップライジング』(2018)のスコット・イーストウッドが出演するアフガニスタン戦争の実話映画『ザ・アウトポスト(原題:The Outpost)』の米国公開が決定した。米Deadlineが報じている。

本作はSXSW映画祭(2020年3月13日~22日)にて世界初公開される予定だったものの、新型コロナウイルス(COVID-19)の影響に伴い、同映画祭は開催中止となっている。このたび、米国での配給権を獲得したScreen Mediaは、2020年7月4日ごろの週末に米国公開する方向で準備を進めているとのことだ。

『ザ・アウトポスト』では、作家ジェイク・タッパーによるノンフィクション小説『The Outpost: An Untold Story of American Valor(原題)』に基づき、2009年、アフガニスタンの山奥に設置された前哨基地で勃発した「カームデーシュの戦い」での知られざる物語が描かれる。この戦いでは、約50名の米軍兵が、圧倒的な勢力を誇る300名以上のタリバン兵による組織的攻撃に立ち向かった。過酷な戦いの末、米軍兵士のうち8名が死亡、27名が負傷。タリバン兵は150人以上が死亡している。

出演者にはオーランド・ブルームとスコット・イーストウッドをはじめ、『スリー・ビルボード』(2017)のケイレブ・ランドリー・ジョーンズ、『デッドプール2』(2018)のジャック・ケシー、『バッドボーイズ フォー・ライフ』(2020)のジェイコブ・スキピオ、メル・ギブソンを父親に持つ『ハクソー・リッジ』(2016)のマイロ・ギブソン。実際の戦場で戦った兵士らも参加している。脚本は『ザ・ファイター』(2010)のポール・タマシー&エリック・ジョンソンが執筆した。

監督を務める『ザ・コンテーダー』(2000)『わらの犬』(2011)のロッド・ルーリーは、本作について以下のように語っている。

「アメリカ兵士の精神を美しく描くという現代の物語は私には考えられません。彼らが死ぬことをいとわないのは、誰かを殺そうとすることよりも大切なことがあるからでしょう。それがどういう意味かについては、映画を見たら分かりますよ。」

なお『ジ・アウトポスト』はメイキング映像がすでに米国で公開されており、過酷な撮影現場の風景や、髪を剃って本作に挑んだオーランド・ブルームほか出演者・スタッフのコメントも見ることができる。

あわせて読みたい

Source: Deadline

Writer

南 侑李
Minami南 侑李

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly