報道vs政府を描く、スピルバーグ新作『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』3月公開!トム・ハンクス&メリル・ストリープ初競演

巨匠スティーヴン・スピルバーグ監督の最新作にして、トム・ハンクス&メリル・ストリープという二人の名優が初競演を果たす、映画『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』2018年3月に日本公開されることがわかった。
本作は原題『The Post』として、劇場公開前にもかかわらず海外で高い前評判を得ている作品だ。アカデミー賞の結果を占う上でも、忘れずにチェックしておきたい一本である。

報道vs政府を描く、「今撮るべき映画」

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書

©Twentieth Century Fox Film Corporation and Storyteller Distribution Co., LLC.

本作『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』の舞台となるのは、ベトナム戦争が泥沼化し、アメリカ国民のあいだに疑問や反戦の気運が高まっていた1971年。ニューヨーク・タイムズ紙は、国防省がベトナム戦争についての経過や客観的な分析を記録したトップシークレットの文書、通称「ペンタゴン・ペーパーズ」の存在をスクープする。
アメリカ初の女性新聞発行人として足固めをしようとしていたキャサリン・グラハム(メリル・ストリープ)、その部下である編集主幹のベン・ブラッドリー(トム・ハンクス)をはじめとするワシントン・ポスト紙の面々は、報道の自由を統制して記事を差し止めようとする政府と戦うべく、ライバル紙であるニューヨーク・タイムズと時に争いつつも連携し、圧力に屈することなく真実を発表しようと決断するのだった……。

政府の隠している事実を明らかにしようと立ち上がった実在の人々を描く本作は、スピルバーグが「今、撮るべき作品」だと決意して製作に臨んだ一本だ。ドナルド・トランプ米大統領の就任45日後に製作を発表し、前もって予定されていた作品を前倒ししての撮影を敢行している。
「報道の自由」なるものが不安定になり、そこで語られることが真実かどうかすら不透明になりつつある現代において、本作の持っている強烈なメッセージは、アメリカのみならず全世界に通じるものだろう。

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書

©Twentieth Century Fox Film Corporation and Storyteller Distribution Co., LLC.

もちろん本作の見どころは、スピルバーグ監督の呼びかけに応じたというメリル・ストリープトム・ハンクスの初顔合わせだ。もはや説明するまでもない存在感と演技から目が離せない一本となっているに違いない。
また脚本には『スポットライト 世紀のスクープ』(2015)で手腕を発揮し、アカデミー賞最優秀脚本賞を獲得したジョシュ・シンガーらが参加。音楽は『スター・ウォーズ』シリーズなどで知られる重鎮ジョン・ウィリアムズが担当する。

 

映画『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』は2018年3月より全国ロードショー

(文:Takatoshi Inagaki)

©Twentieth Century Fox Film Corporation and Storyteller Distribution Co., LLC.

About the author

THE RIVER編集部が選りすぐりの情報をお届けします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。