Menu
(0)

Search

エル・ファニング&ハビエル・バルデム共演『選ばなかったみち』公開決定 ─ 父の幻想と娘の現実描く問題作

選ばなかったみち
© BRITISH BROADCASTING CORPORATION AND THE BRITISH FILM INSTITUTE AND AP (MOLLY) LTD. 2020

エル・ファニングハビエル・バルデム共演、ベルリン国際映画祭に出品された映画『The Roads Not Taken(原題)』が、『選ばなかったみち』という邦題として、2022年2月25日(金)に日本公開されることが決定した。

ニューヨークに住むメキシコ人移民レオ(ハビエル・バルデム)は作家だったが、認知症を患い、誰かの助けがなくては生活はままならず、娘モリー(エル・ファニング)やヘルパーとの意思疎通も困難な状況になっていた。ある朝、モリーはレオを病院に連れ出そうとアパートを訪れる。娘が隣りにいながらもレオは、初恋の女性と出会った故郷メキシコ、作家生活に行き詰まり一人旅をしたギリシャへと彼女とは全く別々の景色をみるのだった……。

キャストはハビエル・バルデムとエル・ファニングのほか、ローラ・リニー、サルマ・ハエックら実力派名優が脇を固める。監督を務めたのは、『ジンジャーの朝 さよなら、わたしが愛した世界』(2012)をはじめ、『耳に残るは君の歌声』(2000)などで知られる名匠、サリー・ポッター。監督自身が脚本も手掛け、実弟の介護経験から着想を得て生まれた意欲作に仕上がっている。

人生の岐路で自分の選んだ道は正しかったのか、もしも別の選択をしていたらどうなっていたのか。胸の奥底にしまい込んだ過去の大切な出来事や記憶を繋ぎながら、人生の奥深さに迫る感動の問題作がついに日本公開だ。

選ばなかったみち
© BRITISH BROADCASTING CORPORATION AND THE BRITISH FILM INSTITUTE AND AP (MOLLY) LTD. 2020

映画『選ばなかったみち』は、2022年2月25日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国公開。

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly