Menu
(0)

Search

エディ・レッドメイン最新作『シカゴ7裁判』米予告編 ─ ジョゼフ・ゴードン=レヴィット&マイケル・キートンほか豪華俳優陣が集結

シカゴ7裁判
Netflix映画『シカゴ7裁判』2020年10月16日 全世界独占配信|Niko Tavernise/NETFLIX © 2020

エディ・レッドメインマイケル・キートン、ジョゼフ・ゴードン=レヴィット、マーク・ライランスなど豪華俳優陣が共演する、Netflixオリジナル映画『シカゴ7裁判』の米国版予告編が公開された。

1968年8月、ベトナム戦争に関する反戦の動きが高まる中、米イリノイ州シカゴでの民主党全国大会にて反戦デモが行われた。抗議活動は平和的に行われるはずだったが、警察や州兵と正面から衝突してしまい暴動事件にまで発展。アビー・ホフマン、ジェリー・ルービン、トム・ヘイデン、ボビー・シールを含む7名の抗議活動の主催者は、暴動を扇動したとして起訴された。本作は、その7名(シカゴ・セブン)による史上最も悪名高き裁判を描く実話映画だ。

「起訴理由は分かりますか?」。予告編は暴動事件を巡る裁判の場面から始まる。「世界は見てる!」と絶え間なく切実な声が響き、激しさを増していく中、警察や州兵に対して前代未聞の抗議活動を行う市民の姿が映し出される。「キング牧師も、ケネディも、キリストも死んだ」「平和的な方法ではもう勝てない」「街に出て訴えよう!」と更に呼び掛ける抗議参加者の一同。そして、再び裁判の場面に切り替わり、「シカゴに来た時、あなたは警察との衝突を予期していましたか?」と弁護士に問いかけられた被告人の一言で、予告編は幕を閉じた。「時間を頂けませんか。起訴されたのは初めての事なので」。

“シカゴ・セブン”と呼ばれる7名の被告人役には、トム・ヘイデン役を演じるエディ・レッドメインの他、アビーホフマン役に『ディクテーター 身元不明でニューヨーク』(2012)のサシャ・バロン・コーエン、ジェリー・ルービン役に『マネー・ショート 華麗なる大逆転』(2015)のジェレミー・ストロング、ボビー・シール役に『アクアマン』(2018)のヤーヤ・アブドゥル=マティーン2世などが名を連ねている。脚本・監督は『モリーズ・ゲーム』(2017)のアーロン・ソーキン。脚本家としては、『ソーシャル・ネットワーク』(2010)や『マネーボール』(2011)、『スティーブ・ジョブズ』(2015)など、実話映画を得意とする人物だ。

Netflixオリジナル映画『シカゴ7裁判』は、2020年10月16日に全世界独占配信。

Source: IndieWire

Writer

南 侑李
Minami南 侑李

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly