Menu
(0)

Search

ジャズ・ヴォーカルの女王ダイアナ・クラール新アルバムがリリース決定 ─ 名匠トミー・リピューマとの最後の録音を収録

ジャズ・ヴォーカルの女王」と称されるジャズ・シンガー、ピアニストのダイアナ・クラール(Diana Krall)が2020年9月25日にソロ・アルバム『ディス・ドリーム・オブ・ユー』をリリースすることが発表された。これに伴い、先行配信曲の「ハウ・ディープ・イズ・ジ・オーシャン」が公開されている。

本作は、これまで、スタジオで行ってきたレコーディングの中で、ダイアナ本人が特に「アウト・テイクには程遠くて、放置するにはもったいない」と感じていた2016年から数年間レコーディングを振り返り、録り溜めてきた未公開音源をまとめ上げたアルバムとなる。

クリント・イーストウッド特集

2016年は、加齢により一線を退いていた長年の制作パートナーであるトミー・リピューマが、プロデューサーとして活動を再開したという、彼女のキャリアにとって大きな意味を持つ年であり、アルバム『ターン・アップ・ザ・クワイエット』の制作、トニー・ベネットとのコラボ・アルバム『ラヴ・イズ・ヒア・トゥ・ステイ』の始動や、ツアーといった幅広い音楽活動に勤しんでいた。

しかし、2018年にリピューマが突然の他界。『ターン・アップ・ザ・クワイエット』のリリース後、一度は彼との音源に蓋をするも、リビューマがプロデュースを手掛けた最後の録音であり、彼が最も気に入っていたという「バット・ビューティフル」を軸にアルバム制作を決意。ダイアナ自身は本作を「私を別のフレームから捉えた作品」と言い、『ターン・アップ・ザ・クワイエット』を表だとすると、これは裏の作品で、リピューマとの思い出の未公開音源集なのである。

本アルバムにはジョン・クレイトン、ジェフ・ハミルトン、アンソニー・ウィルソンとのカルテットで収録された「オールモスト・ライク・ビーイング・イン・ラヴ」や「ザッツ・オール」、クリスチャン・マクブライド、ラッセル・マローンとのトリオによる「ニューヨークの秋」や「ゼアズ・ノー・ユー」など、今のジャズシーンを牽引するアーティストとの贅沢なセッションが数多く収録されている。本作を制作するにあたり、アル・シュミットがレコーディング・エンジニアを担当。彼女の思いが少しでも聴き手に届くよう、「すぐそばで聴こえる声」の演出にこだわったという。

今作のジャケット写真には、ダイアナ・クラールが自ら撮影したという思い入れが深い写真を起用。サインがプリントされたジャケット・デザインのポスト・カードが日本盤のフラッグショップ用の先着購入特典となる予定。(フラッグショップ店名は後日公開)

ダイアナ・クラール『ディス・ドリーム・オブ・ユー』トラックリスト

  1. バット・ビューティフル / But Beautiful
  2. ザッツ・オール/ That’s All
  3. ニューヨークの秋 / Autumn in NY
  4. オールモスト・ライク・ビーイング・イン・ラヴ / Almost Like Being in Love
  5. モア・ザン・ユー・ノウ / More Than You Know
  6. ジャスト・ユー・ジャスト・ミー / Just You, Just Me
  7. ゼアズ・ノー・ユー / There’s No You
  8. ドント・スモーク・イン・ベッド / Don’t Smoke in Bed
  9. ディス・ドリーム・オブ・ユー / This Dream of You
  10. 月に願いを / I Wished on the Moon
  11. ハウ・ディープ・イズ・ジ・オーシャン / How Deep is the Ocean
  12. 雨に唄えば / Singing in the Rain

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly