Menu
(0)

Search

『セサミ・ストリート』、下ネタ映画『The Happytime Murders』に敗訴 ─ 映画側のふざけた声明発表も話題に

https://www.youtube.com/watch?v=-eks8LG72uo スクリーンショット

『セサミ・ストリート』風のパペットが、セックス・ドラッグ・暴力なんでもありの史上最低の人形劇を繰り広げるサスペンス映画『The Happytime Murders』が、『セサミ・ストリート』の権利を侵害しているとして訴訟に発展していた問題について、『セサミ・ストリート』側が敗れた。The Hollywood Reporterが伝えた。

主な争点となっていたのは、映画『The Happytime Murders』が掲げる「ノー・セサミ、オール・ストリート(No Sesame, All Street)」のキャッチコピー。『セサミ・ストリート』を通じて児童学習を育むNPO団体Sesame Workshopはこの宣伝について「歴史上最も愛される子供向け番組を皮肉り、不正に関連付けることで、大衆を混乱させるべきではない。自分たちの手柄だけで成功・失敗を決めるべきである」と訴え、同キャッチコピーおよび『セサミ・ストリート』を想起させる一切の宣伝表現の棄却を求めていた

これに対し同作製作のSTXプロダクションは、「(映画の)面白さを『セサミ・ストリート』側にご理解いただけず、失望している。我々の法的立場には自信がある」と強気の声明文を発表していた。その際、プロダクション側の弁護士として“フレッドさん”という名の人物の写真を発表。この人物の写真が、絶妙な表情をしたパペットだったことから、「完全にふざけている」と話題をさらっていた。

映画製作側の弁護士フレッドさん。一体何者なのか。
Photo:STX ENTERTAINMENT

合衆国地方裁判所は現地時間2018年5月30日、同作および同キャッチコピーによって大衆が二作を混同するとは認められないこと、およびスポンサーや児童の保護者からのクレームも認められないことから、原告Sesame Workshopの訴えを退けた。

『The Happytime Murders』は、「セサミ・ストリート」パペット生みの親、ジム・ヘンソンの実息子ブライアン・ヘンソンが手がけるコメディ・サスペンス映画。公開された予告編映像では、『セサミ・ストリート』風のパペットたちがセックスや売春、ドラッグを楽しむ様子が話題となっていた。この度の勝訴を受け、映画は胸を張って「ノー・セサミ、オール・ストリート」のキャッチコピーで映画を売り込むことができる。

『The Happytime Murders(原題)』は2018年8月17日全米公開。

Source:THR

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly