Menu
(0)

Search

『マイティ・ソー バトルロイヤル』未公開シーンに衝撃のどんでん返し!惑星サカールの国歌も

マイティ・ソー バトルロイヤル
©Walt Disney Studios Motion Pictures 写真:ゼータ イメージ

映画マイティ・ソー バトルロイヤルには、まだ見ぬ衝撃のシーンがいくつも存在するようだ。即興演技を採用して俳優の魅力を引き出していったタイカ・ワイティティ監督による仕掛けの数々は、残念ながら完成した映画にはすべて入りきらなかったようである。
海外メディアのインタビューによって、監督や出演者の口からそんな未公開シーンの内容が語られている。しかし、どれもこれも早く見たくてたまらない……。

注意

この記事には、映画『マイティ・ソー バトルロイヤル』のポストクレジットシーンに関するネタバレが含まれています。

マイティ・ソー バトルロイヤル
©Walt Disney Studios Motion Pictures 写真:ゼータ イメージ

グランドマスター、ソーの宇宙船にちゃっかり乗船

『マイティ・ソー バトルロイヤル』には2つのポストクレジットシーンが存在する。ひとつは故郷アスガルドの土地を失ったソーとロキが地球へ向かう中、巨大な宇宙船がその前に立ちはだかるシーン。そしてもうひとつは、惑星サカールを支配するグランドマスターが革命家たちに包囲されるなか喋り続けるシーンだ。
それぞれの内容は以下の記事に解説しているので、そちらをご覧いただきたい。

Colliderの取材で、ワイティティ監督はこの2つのポストクレジットシーンの秘話を明らかにしている。

「(ポストクレジットシーンは)多すぎないようにしようと決めていました。ソーとロキのシーンは再撮影時に撮っていて、直前に決めたものなんです。もうひとつ、グランドマスターのシーンは(オーストラリアの)ゴールドコーストで撮ったもので、僕がずっと計画していた場面でした。あのシーンにするか、トパーズとグランドマスターが船で密航するシーンか、どちらかにするつもりだったんです。」

トパーズとは、惑星サカールでグランドマスターの右腕として活躍したりすっとぼけたりしていた女性のこと。演じていたのは、『ハント・フォー・ザ・ワイルダーピープル』(2016)などワイティティ作品の常連であるレイチェル・ハウスだ。ヴァルキリーとの空中戦で敗れたはずだったが……。

しかも驚くべきことに、2人が乗り込んだのはアスガルドを脱出したソーたちの救出船。つまりロキやコーグがアスガルドに到着した時点で、グランドマスターとトパーズも一緒にそこへ乗っていたわけである。この密航シーンは実際に撮影されており、DVD・ブルーレイに収録される可能性もあるという。

「大勢のアスガルド人の中に2人がいて、グランドマスターが人混みをかきわけて“地球なんて場所、聞いたことがないぞ…。でも目立たないようにしないと”って言うんです。それからブランケットを頭にかぶると、大勢の中に消えていくんですよ。」

惑星サカールに取り残されたと思しきグランドマスター、そしてトパーズが生きて地球に向かっているとすれば、これは予想を裏切るどんでん返しだといえよう。やはり、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』に登場するという展開もありうるのだろうか……。

現場で即興、惑星サカールの国歌

また英Digital Spyのインタビューでは、実際にエンドクレジット後に使用されたグランドマスターのシーンに別バージョンが多数存在することが明かされている。
グランドマスター役のジェフ・ゴールドブラムによれば、このシーンは即興の演技でおよそ20パターンが撮影されていたようで、本人も「何を言ったのか覚えていないんです、早く観たい」と語っているほどなのだ。

そんな中、ワイティティ監督は、このシーンについて「撮影現場でサカールの国歌を作りましたよ。うまくいけばDVDに入ると思います」と話している。

「(撮影は)とても楽しかったですね。グランドマスターは自分を失脚させた人々による古い革命を倒すために、ここで新しい革命を始めようとするわけですよ。そこからいろんなものが出てきましたね。
ジェフが素晴らしいのは、新しいものをすぐに取り入れてくれるところですよ。彼にまつわる場面は、ほとんどが撮影現場でその日発見したものばかりなんです。彼は即興演技の天才だし、なんでも快く挑戦してくれるんですから。」

かたやソーの船でコソコソするグランドマスター、かたや民衆を前にサカールの国歌を歌い上げるとおぼしきグランドマスター。どちらも絶対に観たい場面である、DVD・ブルーレイへの収録を心から祈りたい!

映画『マイティ・ソー バトルロイヤル』は2017年11月3日より全国の映画館にて公開中。

Sources: http://collider.com/thor-ragnarok-alternate-post-credits-scene-grandmaster/
http://www.digitalspy.com/movies/thor/news/a841071/thor-ragnarok-post-credits-sequence-alternate-version/
©Walt Disney Studios Motion Pictures 写真:ゼータ イメージ

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly