Menu
(0)

Search

『マイティ・ソー バトルロイヤル』にハルクが登場した理由 ― クリス・ヘムズワース「僕の映画には誰が出るの?」

マイティ・ソー バトルロイヤル
©Walt Disney Studios Motion Pictures 写真:ゼータ イメージ

映画マイティ・ソー バトルロイヤルの目玉は、『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016)に登場しなかったソーハルクの本格的な初タッグだ。『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』(2015)のラストで姿を消したハルクは、惑星サカールの闘技場にて戦士としてソーと再会するのである。
このストーリーの原案となったのは、2006-2007年に米国で出版されたコミック『プラネット・ハルク』(邦訳版はヴィレンジブックス社より全2冊で刊行中)だ。

実は、『プラネット・ハルク』が映画化されるという噂は時を遡って2013年から存在した。この噂は当時まだ真実ではなかったのだが、これを知ったマーベル・スタジオは『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』の結末を変更しているのである。
なぜマーベル・スタジオは『マイティ・ソー バトルロイヤル』にハルクを登場させることにしたのか、そして『プラネット・ハルク』のストーリーを組み込むことにしたのか? 作品を支えた二人のプロデューサーが明らかにしている。

はじめは「ソー」と「闘技場」のアイデアから

かつて『プラネット・ハルク』の映画化を熱望していたファンの中には、もしかすると『マイティ・ソー バトルロイヤル』が同作のストレートな映画化ではないことに少し落胆した人もいるかもしれない。ただしハルクの圧倒的な強さ、戦士としてのビジュアルは、原案コミックにきちんと敬意が払われたものだ。
それもそのはず、『プラネット・ハルク』のストーリーを取り入れる要素のきっかけになったのは闘技場そのものだったのである。

本作のプロデューサーであるブラッド・ウィンダーバウム氏はその経緯をこう語っている

「『マイティ・ソー バトルロイヤル』の製作の最初期に、『プラネット・ハルク』からインスピレーションを得ることを考えていたんです。たしか(当時は)ハルクをシリーズに登場させるのではなく、ソーが窮地に立たされる場所として、剣闘の試合が行われる惑星を考えていたんだと思います。すごくクールなアイデアでしたよ。
初期の話し合いのどこかで、その方向に進んだときには悩みませんでした。“ハルクも出せないの?”という感じで話が動き出したんです。すぐに話し合いに火がついて、アイデアが次々出てきて、ハルクがプロットに組み込まれましたね。」

またマーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ社長は、当時の様子をまた別の角度から説明した

「ソーの物語にどのマーベル・キャラクターを登場させるかというのは、私たちにとってもクリス(・ヘムズワース)にとっても大切なことでした。彼は『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』にブラック・ウィドウやアイアンマンたちが出るのを知っていて、“僕の映画には誰が出るの?”って言ってきたんですよ。」

もっともスタッフ陣は、その時点でハルクを登場させるのが一番良いと考えていたようだ。同じく、コミックからヴァルキリーテッサ・トンプソン)やヘラ(ケイト・ブランシェット)といったキャラクターを登場させるアイデアもその当時から存在したという。
ただしファイギ社長によれば、ほかのキャラクターを決める基準は「ソーやハルクと戦わせて楽しくなること」「ソーやブルース・バナーが場違いなユーモアを発揮できること」だったようだ。それほどハルクの存在は、『マイティ・ソー バトルロイヤル』において企画初期から重要視されていたのである。

『マイティ・ソー バトルロイヤル』は、シリアス志向だったシリーズの過去作品から方向性を一新し、アベンジャーズの一員としての印象が強かったハルクとのタッグを実現した新機軸の一本だ。コミック『プラネット・ハルク』は一要素にとどまっており、ストーリーも作風も大きく異なっているが、本編を観たあとはぜひそちらにも手を伸ばしてみてほしい。

映画『マイティ・ソー バトルロイヤル』は2017年11月3日より全国の映画館にて公開中
コミック『プラネット・ハルク:天の巻』『プラネット・ハルク:地の巻』、その続編『ワールド・ウォー・ハルク』はいずれもヴィレンジブックス社より刊行中だ。

Sources: https://screenrant.com/thor-planet-hulk-movie-rumor-explained/
https://screenrant.com/planet-hulk-thor-ragnarok-mcu/
©Walt Disney Studios Motion Pictures 写真:ゼータ イメージ

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly