Menu
(0)

Search

『ソー:ラブ&サンダー』日本1位スタート、『トップガン マーヴェリック』破る ─ シリーズ最高記録の電撃発進

ソー:ラブ&サンダー
©Marvel Studios 2022

マーベル・シネマティック・ユニバースソー:ラブ&サンダーが2022年7月8日に日米公開されると、日本は週末動員ランキング1位発進、アメリカではシリーズ前作『マイティ・ソー バトルロイヤル』を超える電撃スタートを切った。

日本では『トップガン マーヴェリック』を上回っての1位スタート。全国357館/852スクリーンで公開された本作は、公開3日間で興行収入5億8,601万円、358,912人を動員、週末2日間では興行収入3億8,824万円、動員236,502人を記録した。

北米では4,375館で上映。『マイティ・ソー バトルロイヤル』の1億2,300万ドルを超える1億4,300万ドルを記録し、『ソー』シリーズ最高となった。アナリストの事前予想1億5,000万ドルには到達しなかったが、『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』(1億8,500万ドル)、『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』(1億4,500万ドル)に続く2022年3番目の記録での発進となった。

Varietyは、本作の製作費を2億5,000万ドル、宣伝費約1億ドルと伝えた。国際市場では1億5,900万ドルを記録し、全世界累計は3億200万ドル。すでに製作費の回収は完了した格好だ。

『ソー:ラブ&サンダー』は大ヒット公開中。

Source:Variety

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。運営から記事執筆・取材まで。数多くのハリウッドスターにインタビューさせていただきました。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

プレデター:ザ・プレイ

『プレデター:ザ・プレイ』狩るか狩られるか?観たかった「プレデター」が詰まった戦慄サバイバル ─ シリーズ復習で備えよう

アンビュランス

『アンビュランス』は何位?マイケル・ベイ人気投票「BAY-1(ベイワン)グランプリ 」結果発表【プレゼント】

L.A.コールドケース

【解説】ジョニー・デップ『L.A.コールドケース』ラッパー暗殺事件って? ─ 90年代ヒップホップ界で起きた最悪の未解決事件とは

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

Ranking

Daily

Weekly

Monthly