Menu
(0)

Search

『ソー:ラブ&サンダー』上映時間は2時間未満か?米劇場情報に掲載 ─『アントマン&ワスプ』以来の短さ

ソー:ラブ&サンダー
©Marvel Studios 2022

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)最新作、『ソー:ラブ&サンダー』の上映時間が米国の劇場情報にて掲載され、話題を呼んでいる。どうやら2時間を切っているようだ。

『ソー:ラブ&サンダー』の上映時間が掲載されたのは、米国最大の映画館チェーンAMC TheatresのWebサイトで、“1時間59分”と明記されている。米Comicbook.comによると、英国を拠点とする映画館チェーン、Cinema Worldにも同様の上映時間が記載されているようだが、日本国内からは確認することができない。

『ソー:ラブ&サンダー』は『アントマン&ワスプ』(2018)以来となる、マーベル・スタジオによる最も上映時間の短い作品となる。『アントマン&ワスプ』が1時間58分だった。

MCUで2時間を切っている作品は比較的少なく、ほかには、1時間57分の『アントマン』(2015)や、1時間55分の『ドクター・ストレンジ』(2016)などがある。なお、『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019)は3時間1分、『エターナルズ』は2時間37分、『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』(2021)は2時間28分と上映時間が長めで、2022年5月に公開された『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』(2022)もまた、2時間6分と短めでありながらも、2時間は超えている。ちなみに前作『マイティ・ソー バトルロイヤル』(2017)は、2時間10分という上映時間だった。

『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019)にてサノスによって人類の半分が消し去られた世界で、失われた人々を取り戻すため、アベンジャーズの仲間たちとともに死闘を繰り広げ、MCU史上最大の戦いに勝利を収めたソー。ヴァルキリーがニュー・アスガルドの王の座につき、ソーはガーディアンズ・オブ・ギャラクシーの仲間たちと船に乗り込み地球を旅立っていった。『ソー:ラブ&サンダー』では、ソーがヒーローから引退を決意し、ゼロから新たな道を歩む姿が描かれる。

映画『ソー:ラブ&サンダー』は、2022年7月8日に日米同時公開。

Source:Comicbook.com

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly