Menu
(0)

Search

『ソー/ラグナロク』あらすじ判明!またもやロキがやらかす模様。「やりすぎ」コメディ路線も勝算あり

映画『マイティ・ソー』シリーズの第3作『ソー/ラグナロク(原題:Thor: Ragnarok)』の情報が続々と到着している。エンターテイメント・ウィークリー誌は、先日新たな劇中写真&メイキング写真を公開するとともに、より詳細なあらすじ関係者のコメントを報じていたのだ。

『ソー/ラグナロク』あらすじ

『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』(2015年)でアスガルドへと帰ったソー(クリス・ヘムズワース)を待っていたのは、彼の弟・ロキ(トム・ヒドルストン)が起こしたトラブルだった。姿を消した父・オーディン(アンソニー・ホプキンス)のふりをして王の座に就いていたロキは、あまりにもずさんな政治で、囚われていたヘラ(ケイト・ブランシェット)を復活させてしまったのだ。ヘラと初めて出会ったソーは、野蛮なる惑星サカールへと飛ばされてしまう。大酒飲みの戦士・ヴァルキリーテッサ・トンプソン)により、チャーミングかつ極悪非道の支配者・グランドマスター(ジェフ・ゴールドブラム)の前へ連行されたソーは、髪を切り、ムジョルニアを奪われて戦士となるのだった。ところがそこに現れたのは、サカールで最強の戦士となったハルク(マーク・ラファロ)で……。

「やりすぎ」コメディ路線に勝算あり

あらすじでも分かるように、『ソー/ラグナロク』は登場人物のキャラクターが立ちまくっている。たとえば新登場のヴァルキリーは大酒飲みの設定だが、どうやらメチャクチャ強いようで、クリス・ヘムズワースいわく「ヴァルキリーにとってソーは少年みたいなもの」だという。またマーク・ラファロも、今回のハルクは「『アベンジャーズ』に登場した“緑色の怒るマシン”以上のキャラクターなんだ。威張ってるし、神様みたいなのさ」と述べている。

どうやらタイカ・ワイティティ監督の手によって、新たな登場人物はもちろんのこと、おなじみのキャラクターにも新しい一面が生まれているようだ。撮影を振り返って、ヘムズワースはこう語っている。

「思いがけないユーモアセンスで、タイカはキャラクターや物語の作風を新たな方向へと進ませてくれた。毎日のように“やりすぎじゃない?こんなに面白くて大丈夫なの?”って言ってたよ」

もっとも「暇を持て余したソー」シリーズのほか、トム・ヒドルストンの「ソー史上最高に面白い(funniest)内容になる」発言が話題になったように、『ソー/ラグナロク』のコメディ路線はファンの間でも賛否が分かれている。

しかしワイティティ監督は、『ソー/ラグナロク』のコメディ路線について、自身のポリシーをはっきりと明らかにした。

「作風の変化を時々誤解されていると思うんだ。“誰も何が起きたのかすら気にしないまま、酔っ払って世界を守ることについて喋る、バカげたコメディを作ってる”って。(劇中で)何が起こるのか、そしてヒーローの活躍を、観客には大事に思ってほしいんだ。作風の変化はわずかなものだよ」

『ドクター・ストレンジ』Blu-rayの特典映像で、ワイティティ監督は「ずっと笑わせつづけながら、同時にスペクタクルもある、そんな冒険に観客を連れ出したい」と語っていた。ちなみにソーとハルクが再会してから、映画はロードムービー風に転じるようだが、そこで監督が参考にしたのは『48時間』(1982年)や『ウィズネイルと僕』(1987年)、『大災難P.T.A.』(1987年)といったバディ・ロードムービーの名作だったという。ますます、どんな映画になるのか予想がつかない……。

ワイティティ監督は「古いアイデアをぶち壊して、フレッシュなやり方で再構築する」と、シリーズのイメージ刷新に意欲をにじませる。マーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ社長もその方針を快く受け入れ、出演者も監督のスタイルを絶賛しているあたり、とにかく映画の完成を楽しみに待つほかなさそうだ。

映画『ソー/ラグナロク』は2017年11月3日全米公開予定

Sources: http://ew.com/movies/2017/03/08/thor-ragnarok-exclusive-first-look-cover/
http://ew.com/movies/2017/03/09/thor-ragnarok-plot-reveal/
http://comicbook.com/2017/02/15/thor-ragnarok-ep-and-director-tease-humor-and-action/
Eyecatch Image: http://ew.com/movies/thor-ragnarok-exclusive-first-look-photos/loki-tom-hiddleston/
© 2017 Marvel

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly