Menu
(0)

Search

第34回東京国際映画祭、クリント・イーストウッド『クライ・マッチョ』が開幕飾る ─『ディア・エヴァン・ハンセン』はクロージング作品に

クライ・マッチョ
© 2021 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

第34回東京国際映画祭(2021年10月30日〜11月8日)のオープニングおよび、クロージング作品が決定した。

クライ・マッチョ
© 2021 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

オープニング作品を飾るのは、クリント・イーストウッドが主演・監督を務めた最新作、『クライ・マッチョ』。イーストウッド監督の50周年記念作品でもある本作は、人生に失敗した男と親の愛を知らない少年が、メキシコを横断する中で人生に必要な“本当の強さ”とは何なのかを見出していく感動作だ。2022年1月14日に日本公開予定となる。

クロージング作品は、『ディア・エヴァン・ハンセン』。『ウォールフラワー』(2012)『ワンダー 君は太陽』(2017)などで知られる気鋭、スティーヴン・チョボスキー監督最新作だ。『ラ・ラ・ランド』(2016)『グレイテスト・ショーマン』(2017)の音楽チームで贈る大ヒットミュージカルの映画化作品で、1通の手紙と“思いやりの嘘”をきっかけに、“本当の自分”に気づくまでの過程を描く、希望に満ちた物語である。2021年11月26日に日本公開予定だ。

ディア・エヴァン・ハンセン
© 2021 Universal Studios. All Rights Reserved.

第34回東京国際映画祭の開催概要

  • 開催期間:2021年10月30日(土)〜11月8日(月)
  • 会場:日比谷・有楽町・銀座地区(角川シネマ有楽町、シネスイッチ銀座、東京国際フォーラム、TOHOシネマズ シャンテ、TOHOシネマズ 日比谷、ヒューマントラストシネマ有楽町、有楽町よみうりホールほか)

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly