Menu
(0)

Search

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』から5年、ルーク役マーク・ハミルの考えに変化が「少しだけ」生じた模様

マーク・ハミル
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/48419236062/

スター・ウォーズ/最後のジェダイが2017年12月に公開されてから、早5年が経過した。作品への評価は時間が経つにつれて変化することもあるわけだが、当時ファンの間で激しい議論を起こした同作について、ルーク・スカイウォーカー役のマーク・ハミルも考え方に違いは生じたのだろうか?

『最後のジェダイ』時のマーク・ハミルといえば、劇中でのルーク・スカイウォーカーの描かれ方に賛同していないような素振りを見せていた。ライアン・ジョンソン監督との間には「解釈違い」があったことを認めており、「これはもう僕の物語じゃない」「僕のルーク・スカイウォーカーじゃない」「完全に受け入れてはいない」と明言。しかし、後になって態度を軟化させ、「僕が間違っていた」と発言。ライアン・ジョンソンに対しては「不変の傑作を作ってくれた」と賛辞を送るまでに至っていた。

それから5年が経ったハミルは、Twitter上でファンから同作について「撮影時の逸話や思い出を披露したいと思いますか?」「5年が経って、考え方に変化は生まれましたか?」「違うようにやりたいと思いますか?」と尋ねられると、それぞれ「あまり」「少しだけ」「イエス」と回答。年月が『最後のジェダイ』への考えを変えたことを明かした。

『最後のジェダイ』について、ハミルが印象を良いものに改めたのか、それとも悪化させたのかはわからない。もっとも、ファンの間にも5年の時を経て、評価が変わってきたとするものもいるだろう。

ライアン・ジョンソン監督の方は、『スター・ウォーズ』とそのファンへの好意を一貫して崩していない。「ファンが大好き」と話し、再びシリーズ新作を手がける機会を心待ちにしているようだ。もしも実現したら、ハミルがどう反応するかも気になるところである。

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。運営から記事執筆・取材まで。数多くのハリウッドスターにインタビューさせていただきました。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly