Menu
(0)

Search

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』エンディングを監督が解説「これ以上のものは考えられなかった」

映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』は、そのラストシーンに至るまで、脚本・監督を務めたライアン・ジョンソンの意志が貫徹された作品だ。それゆえ本作は、時に熱狂的支持を集め、また時には拒絶反応を生んでいる。
米Entertainment Weekly誌は、数日間にわたって『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』の解説記事を発表している。今回はライアン監督自らがラストシーンについて解説した、そのコメントをご紹介しよう。

例に漏れず、本記事にも重大なネタバレが含まれている。未見の方はここから先へと読み進めることのないよう、くれぐれもご注意いただきたい。

注意

この記事には、映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』のネタバレが含まれています。

©Walt Disney Studios Motion Pictures ©2017 & TM Lucasfilm Ltd. 写真:ゼータ イメージ

『最後のジェダイ』ラストシーンの意図、監督が語る

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』のラストシーンに登場するのは、惑星カントニカのカント・バイトに暮らしている少年テミリ・ブラッグだ。カジノの街で行われるレースに出走するクリーチャー、ファジアーの厩舎にて働かされている彼は、仲間たちにルーク・スカイウォーカーの伝説を話して聞かせる。しかしそこに監督係らしきクリーチャーが現れ、テミリは仕事へと出ていくのだった。箒を“たぐり寄せ”、夜空を見上げる彼の手には、ローズに手渡されたレジスタンスのリングが光っている……。

前作『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(2015)に始まった3部作の主人公レイは、惑星ジャクーの廃品回収業者であり、その両親は何者でもなかった。しかし彼女がフォースの力に目覚めたように、このラストシーンにおいては、テミリがフォースの能力を持つことが示唆されている。万物にフォースが宿っていること、そして血縁に関係なくフォースの力が覚醒しうること(そもそもアナキンがそうだったのだが)こそが、このラストシーンで示される格好なのだ。

その一方でライアン監督は、このエンディングにこめられたルークの精神性を語ってもいる。

「(ラストシーンは)主にルークについての場面です。ルーク・スカイウォーカーは、自分が“伝説”であることを引き受けたんだと示したかったんですよ。洞窟にいる20人を助けること以上に、この銀河系にはそういう存在があった方がいいのだと彼は決意したわけです。」

劇中でレジスタンスは「火花(spark)」と形容される。もちろんレジスタンスは厳しい戦いの中で人々に希望の火花を散らしていくわけだが、かつてはルークこそが「火花」そのものであったはずなのだ。そして、まさしく伝説となった今でも……。

「今や、ルーク・スカイウォーカーの伝説は広がり続けている。銀河系に希望の炎が灯されているんです。ルークのフィギュアで遊び、そこで刺激を受けている子供以上に、希望のイメージを呼び起こすものは考えられませんでした。(彼が)成長し、冒険をして、果敢に戦うんですよ。」

今後の作品、たとえばライアン監督による新3部作にテミリが登場するのかどうか……という、いかにもシリーズ作品ならではの疑問を考えるのは、少なくとも今は野暮というものだろう。『最後のジェダイ』のラストに彼が登場したことは、そうした目論みとは明らかに異なる部分にあったのである。

映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』は2017年12月15日より全国の映画館にて公開中。

Source: http://ew.com/movies/2017/12/18/the-last-jedi-spoiler-rian-johnson-ending-explained/2/

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条として、海外の映画・ドラマを中心に執筆しています。日本国内の映画やアニメーションも大好きです。国内舞台作品の執筆・創作にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly