Menu
(0)

Search

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』フォースはどこまでできる?衝撃の新解釈を監督が徹底解説

©Walt Disney Studios Motion Pictures ©2017 & TM Lucasfilm Ltd. 写真:ゼータ イメージ

映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』は、これまで『スター・ウォーズ』シリーズを愛してきた人々の中で、大きな賛否両論を生んでいる作品だ。常識とされてきたものをぶち壊し、シリーズを新たな方向へと導かんとするルーカスフィルム&ライアン・ジョンソン監督の意志が映画全体にみなぎっているばかりか、ファンが思わず目を疑うようなシーンも含まれているのである。

とりわけ議論を巻き起こしているのは、シリーズを通して入念に練り上げられてきた「フォース」についての新解釈だ。果たして、フォースには何ができるのか? どこまでできるのか? 本作で取り入れられた新しい描写の数々について、ライアン監督がその意図と目的を解説している。


注意

この記事には、映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』の重大なネタバレが含まれています。

©Walt Disney Studios Motion Pictures ©2017 & TM Lucasfilm Ltd. 写真:ゼータ イメージ

レイア、宇宙空間から自力で帰還

まず観客が驚かされるのが、ファースト・オーダー軍の攻撃を受けて船を破壊されたレイア・オーガナが、宇宙空間へ放り出されたものの、フォースの力によって命からがら自力で帰還するという展開だ。彼女は意識を失うが、それでも命を落とすことは免れるのである。

「そんなのあり?」とすら思わせるレイアの宇宙遊泳は、ルーカスフィルム社長のキャスリーン・ケネディ氏とライアン監督の話し合いをきっかけに誕生したようだ。米Entertainment Weekly誌にて、監督は当時の様子を振り返っている。

「彼女(キャスリーン氏)はいつも、“レイアはスカイウォーカーなんだし、ルークは『ジェダイの帰還』(1983)で、君にも力があるって言ってたよね”と話していました。彼女がその力を使うのは、情緒的にも非常にインパクトがあるだろうと思ったんです。」

劇中でも語られているように、フォースは世にあまねく万物に宿っている。その能力を感知して使いこなせるのはジェダイの騎士やシスの暗黒卿のみだが、本作では(物語の主題がそこに帰結するように)さらに広い視点からフォースなるものを取り扱おうと試みられているようだ。レイアが宇宙から帰還することにも、そうした意図の一端がうかがえる。

(フォースとは)本能的なものなんだ、という考え方です。車の下に子供が挟まってしまった親が、ハルクのような力を発揮して子供を持ち上げる、という話に近いでしょうね。もはやこれまでという時に、まだ戦いが終わっていないことを彼女は示したんでしょう。水に溺れた人が自力で戻ってくるようなものです。そういう形で、彼女に力があることを初めて示すことにしました。」

ちなみにレイア役のキャリー・フィッシャーは、ついに自分がフォースの力を駆使することをとても喜んでいたのだという。

レイ&カイロ・レンの通信

本作でフォースの能力は、レイとカイロ・レンが空間を飛び越えて出会い、お互いの意志を伝えることにも使われる。のちに最高指導者スノークの企みだったことが明かされるこの仕掛けによって、二人は前作『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(2015)とは比べ物にならないほどの対話を重ねるのだ。

LATimesのインタビューで、ライアン監督は、この能力について「物語が必要としていたものなんです」と語っている。「二人は話し合わなきゃいけない、でも顔を合わせたら戦いが始まってしまう、じゃあどちらかを縛りつけておけばいいのか……」と、紆余曲折を経て編み出された方法だというのだ。

「二人を話し合わせたかった。それも(レイがカイロ・レンを)大嫌いだというところから、しかたなく彼に協力するようになるまで、十分に話をさせたかったんです。これが“フォース・コネクション”という新しい要素が生まれた理由ですね。『帝国の逆襲』(1980)のラストでダース・ベイダーとルークに起きたことに少し似ていますが、全体的には新しいものだと思います。」

ところで、レイの前に上半身裸のカイロ・レンが現れるという突然のくだりについて、その意図を監督はこう語っている。

「アダム(・ドライバー)はずっと厳しいトレーニングをしていたので、それを見せるのは愉快だと思ったんです。でも、きちんと目的もあって。不快な馴れ馴れしさを感じさせたかったんです。できるだけレイを辛い目に遭わせるというテーマがあったので、とにかく嫌いになりたい人間との親密な会話から逃れられないのは良いだろうと。」

ちなみにこの能力は、一部ファンの間で“FaceTime”をもじって“ForceTime”と呼ばれているようだ。この話を聞いたライアン監督は、「“Force Skyping(フォースのSkype通話)”というのは聞いたことがありますよ(笑)。でも、そっちもいいですね! Appleと話をしなきゃ、スゴいブランド提携のチャンスですもんね」と答えている。

ルークの実体化、ヨーダの稲妻

レイ&カイロ・レンの通信は、そのまま惑星クレイトにルーク・スカイウォーカーの分身が現れることにも通じている。彼は隠遁生活を送っている惑星オクトーから分身を送り込み、かつての弟子であるカイロ・レンと真っ向から対決するのだ。では、この能力はフォースの使い手ならば誰でも使えるものなのか、そして現れた分身は現実に影響を与えることができるのか?

「ルークが(分身を)投影するのは、カイロとレイがやっていたことのハードコア版のようなもので、だから彼はあれほど消耗してしまうんです。
(現実への影響は)僕たちが作ったバージョンではありません。なるべく、なるべくフェアにやろうとしたんですよ。足跡や足音はすべて消去しましたし、彼らが(互いに)触れることもありません。落ちてくる塩は、カイロのライトセーバーでは火花を散らしますが、ルークの方ではそうならないんです。

その一方で、フォースの霊体として現れるヨーダは現実に作用していることに注目してみよう。ライアン監督が言及しているのは、惑星オクトーに登場したヨーダが大木に雷を落としてみせる場面だ。

「フォースの霊体について少し工夫したのは、ヨーダが稲妻を木に落とす場面ですね。フォースの霊体が現実世界に関われる可能性をほのめかしていますよ。」

『スター・ウォーズ』とフォースの可能性

一連のフォースにまつわる新解釈は、むろんライアン監督が自分の独断で行ったわけではない。ルーカスフィルムのストーリー・グループの一員であるパブロ・ヒダルゴ氏の監修のもと、「物語上の必然性があるか、解釈を広げても“フォースにできることは何か”という考え方を破壊しないか」という基準に即して、常に話し合いが行われてきたというのだ。

『スター・ウォーズ』シリーズと「フォース」なるものの考え方について、ライアン監督はこのように自説を述べる。

「実際のところ、『フォースの覚醒』以前の『スター・ウォーズ』は過去のものになっていて、僕たちは10年にわたって新しい『スター・ウォーズ』を観てこなかったわけです。だから、それぞれの映画で、ストーリーの必要に応じてフォースの新たな面が登場していたことを忘れていますよね。フォースで物を掴むのは『帝国の逆襲』まで登場していない、『新たなる希望』(1977)にはなかったもの。フォースの霊体も同じですよ。“フォースに何ができるのか”という新しい発想は、そのつど取り入れられていたんです。」

映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』は2017年12月15日より全国の映画館にて公開中。

Sources: http://ew.com/movies/2017/12/16/the-last-jedi-spoiler-talk-carrie-fisher-force-powers-leia/2/
http://www.latimes.com/entertainment/movies/la-et-mn-star-wars-last-jedi-spoilers-20171218-htmlstory.html
©Walt Disney Studios Motion Pictures ©2017 & TM Lucasfilm Ltd. 写真:ゼータ イメージ

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。国内舞台作品の執筆・創作にも携わっています。ビリー・アイリッシュのライブに行きたい。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly