Menu
(0)

Search

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』ハックス将軍のブラスターシーン、その裏側は?俳優ドーナル・グリーソンが秘話語る

映画スター・ウォーズ/最後のジェダイで、前作『フォースの覚醒』(2015)とはうってかわった方向性で活躍を見せるのが、ファースト・オーダーのハックス将軍だ。映画の初登場からクライマックスに至るまで、その新しい魅力が存分に発揮される中、特に注目したいのは映画後半、カイロ・レンとのシーンである。

ハックス将軍を演じたドーナル・グリーソンは、この新しいハックス将軍像や、カイロ・レンとのシーンについて、どんな感想を抱いていたのか? 撮影現場でのライアン・ジョンソン監督とのコミュニケーションまで、その背景が語られている。

注意

この記事には、映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』のネタバレが含まれています。

©Walt Disney Studios Motion Pictures ©2017 & TM Lucasfilm Ltd. 写真:ゼータ イメージ

ハックス将軍、ブラスターに手をかけて…

映画の後半、カイロ・レンによって最高指導者スノークが倒された後、レイとカイロはとうとう和解することができず、二人の間でルークのライトセーバーは真っ二つになってしまう。激しい閃光で意識を失ったカイロ、そしてスノークの死体を目撃するのがハックス将軍だ。倒れているカイロを見たハックスは、ここで息の根を絶とうとせんばかりにブラスターへと手を伸ばす。しかし、その時カイロが目覚めたために、すぐ心変わりをしてしまい……その後の展開は、わざわざ説明するまでもないだろう。

映画の冒頭からポー・ダメロンにおちょくられ、その後もスノークに引きずり回されるなど、本作ではコメディリリーフとしての役割を担っているハックスは、この場面でも少なからぬ観客の笑いを誘っただろう。
IMDbのインタビューで、インタビュアーのケヴィン・スミスは、カイロを見てブラスターに手を伸ばすという行動は脚本通りなのか、それとも演じているドーナルのアドリブなのかと尋ねている。

「あそこはライアン(監督)にお願いした場面なんです。ハックス将軍は全編を通して蹴られた犬みたい……とにかく出来事の中に放り込まれつづけて、ヒドい目に遭いますからね。だから僕は、“彼もとんでもないヤツだってことを忘れてほしくない、物事に影響を与えられるはずなんだ”って思っていました。」

劇中でその能力を示すことはなかったが、ハックスのわずかな行動は、そうした側面を強調するために試みられたものだったということだろう。

ところが米UPROXXのインタビューにて、ドーナルはこの発言を一部訂正している。自身のアイデアではなく、ライアンの脚本に書かれたものだったことを明言したのだ。

「(ブラスターのシーンについて)昨日ケヴィン・スミスに質問されて、おかしなことに、“ライアンと話して付け足した”みたいに言ってしまったんです。まるで僕のアイデアみたいになってしまったことに気づいたんですよ。俳優がよく言う、“あれは全部僕のアイデアですよ”みたいな感じに。あのシーンはライアンが書いたもので、変更するために後から話し合ったんです。」

ちなみにドーナルはこの発言の後、俳優が自分のアイデアを強調する行為をストレートに批判している。

「俳優が“あれは僕のアイデアなんだ”とかって言うじゃないですか。もうね、黙ってろって思うんですよ! だから僕は、あのシーンが全部ライアン・ジョンソンのアイデアだってことをはっきりさせておきたかったんです。」

つまり、スノークの部屋でハックスとカイロの間に起こるやり取りや行動については脚本にすべて記されており、撮影現場では演出や演技のレベルで変更が加えられたというわけだ。その具体的な変更点は明かされていないが、ドーナルの考える「とんでもないヤツ」としてのハックス像もきちんと取り入れられたのだろう。どこか人間性や哀しさが浮かび上がるハックスのシーンには、きっとドーナルの解釈が有効に働いていたに違いない。

映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』は2017年12月15日より全国の映画館にて公開中。
J・J・エイブラムス監督による次回作『エピソード9(仮題)』で、ハックス将軍はどんな活躍を見せてくれるのか……?

Sources: http://comicbook.com/starwars/2018/01/25/star-wars-the-last-jedi-hux-moment-domhnall-gleeson-rian-johnson/
http://www.imdb.com/list/ls021753924/videoplayer/vi3840129049
http://uproxx.com/movies/domhnall-gleeson-martin-mull-a-simple-and-futie-gesture-sundance/2/
©THE RIVER

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly