『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』レン騎士団の「その後」は ― 監督が別案明かす

映画『スター・ウォーズフォースの覚醒』(2015)で登場した、カイロ・レン率いるレン騎士団。残虐にもルーク・スカイウォーカーの弟子たる訓練生たちを殺害し、ジェダイの未来を閉ざしてしまった、ファースト・オーダーと通ずる組織である。

シリーズ最新作『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』で脚本・監督を務めたライアン・ジョンソンが、このたび英The Empireのポッドキャストに登場。そこで、このレン騎士団の「その後」や別案について言及している。

注意

この記事には、映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』のネタバレが含まれています。

©Walt Disney Studios Motion Pictures ©2017 & TM Lucasfilm Ltd. 写真:ゼータ イメージ

『最後のジェダイ』では不在、レン騎士団はどこへ

『フォースの覚醒』で、ほんのわずかの登場で恐ろしい存在感を残したレン騎士団は、結論からいって、『最後のジェダイ』には一切登場しなかった。どこへ消えてしまったのか、何をしているのか、といった情報は誰の口からも語られなかったのである。こうした扱いは、一定のファンにネガティブな印象をもって受け止められることになってしまった。

では、ライアン監督はレン騎士団をなぜ『最後のジェダイ』に登場させないことにしたのだろうか。質問を受けた監督は、率直に実際の事情を語っている。

「すでに映画の中身がいっぱいで、他の要素を入れる余地がまったくなかったんです。」

むろん、この言葉だけでは、とうてい納得できないという人も少なくはないだろう。しかし監督は、同時にレン騎士団をストーリーに取り入れるための腹案があったことを明かしてもいるのだ。

(レン騎士団を)プレトリアン・ガードの立ち位置で使えるとも思ったんです。ただし、ガードは全員死ななければなりませんし、それでは無駄遣いになってしまうと思って。それに、カイロ・レンが彼らとつながりを持っていたら(関係性が)複雑になってしまって、シーンのためになりません。真相は、作品の中に彼らの居場所が見つからなかったということなんですよ。」

 

確かに、レン騎士団を最高指導者スノークの護衛として登場させるのは理にかなっているようにも思われる。しかし『最後のジェダイ』において、カイロをめぐる物語の主眼とされているのは、ほかでもない主人公レイや、元師匠ルークとの関わりなのだ。そこにレン騎士団との関係性を加えてしまうと、カイロの物語が複雑化するほか、仮にレン騎士団がプレトリアン・ガードの役割を担った場合、最後には「なぜカイロが騎士団を殺すのか」という問題までもが生じてくるのである。

では、J・J・エイブラムス監督による『エピソード9(仮題)』で、レン騎士団は再び登場を果たすのだろうか? 『最後のジェダイ』でファースト・オーダーの最高指導者となったカイロ・レンの護衛として登場するには、今度こそうってつけの機会だと思われるが……。また、キャプテン・ファズマが再び生死不明となってしまった現在、新たな悪役としてその魅力を発揮してくれる可能性もありそうだ。

映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』は2017年12月15日より全国の映画館にて公開中。

Sources: https://screenrant.com/star-wars-last-jedi-knights-of-ren/
https://www.soundcloud.com/empiremagazine/star-wars-the-last-jedi-spoiler-special
Eyecatch Image: photo by Quarax https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Jedi_Training_Trials_of_the_Temple_Kylo_Ren_2.jpg

About the author

稲垣 貴俊(Takatoshi Inagaki)。THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくしてお伝えできればと思っております。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

THE RIVER 公式iPhoneアプリ


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。