Menu
(0)

Search

マーク・ハミル『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』ラストシーンを評価 ─ 「ここから永遠に映画作られるだろう」

スター・ウォーズ/フォースの覚醒
写真:ゼータ イメージ

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017)は、映画のエンディングに至るまで賛否が割れた作品であった。ルーク・スカイウォーカー役のマーク・ハミルにとって、この映画のラストは「特に気に入ったところ」であったようだ。米GamesRadarのインタビューで評した。

注意

この記事には、『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』のネタバレ内容が含まれています。

『最後のジェダイ』のラストでは、惑星カント・バイトで暮らす少年、テミリ・ブラッグがフィーチャーされた。ギャンブルで大負けした親に置き去りにされた子供であるテミリ・ブラッグは、華々しいカジノの街の影に隠れ、ジェダイやレジスタンスの戦士たちの物語に憧れながら、ひっそりと生きていた。ラスト・シーンでホウキに触れずして手元に手繰り寄せていたことから、実はフォース感応能力を持つことが示唆されていた。マーク・ハミルがこう語る。

「あの子が手を伸ばすと、ホウキが彼のほうに動く。すごく微妙になんですけど、最初に観た時は普通にホウキを取っただけかなと思ったんですね。でも実は、ホウキが伸ばした手の方に動いている。これって、レイは、次のジェダイが登場するまで”最後のジェダイ”だったってことかなと。ずっと続いていくんですよ。僕らがいなくなっても、ここから永遠に映画が作られるんでしょうね。

スカイウォーカーから、レイへ。そしてレイと同じく、銀河に散らばる名もなき者たちへ。マーク・ハミルが指摘したのは、『最後のジェダイ』が後世へ続く「希望」を描いたことだ。マークが言うように、ルーカスフィルムはこの描写によって『スター・ウォーズ』の物語が如何様にも拡張できる仕掛けを用意しておいて、『最後のジェダイ』を終えたのである。サーガは続いていく。フォースと共に。

Source:GamesRadar

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly