マーク・ハミル『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』発言の変化は「ディズニーの指示受けてない」 ― わざわざ明言する事態に

映画スター・ウォーズ/最後のジェダイ』についてさまざまなコメントを述べてきたルーク・スカイウォーカー役のマーク・ハミルが、発言の変化についてディズニーやルーカスフィルムの指示を受けていないことを明言した。

本作で描かれたルーク・スカイウォーカー像について、マークは「完全に受け入れてはいない」「僕のルーク・スカイウォーカーじゃない」とすら口にして、その心境を率直に明かしてきた。しかし映画の公開後、マークは「僕が間違っていた」「監督は傑作を作ってくれた」と発言の方向性を変更。この変化を受けて、一部のメディアやファンは「ディズニーの圧力ではないか」「ルークがダークサイドに堕ちてしまった」などと反応、マークに対してコメントを投げかける者まで現れていたのだった。

このたびマーク自身が「ディズニーの指示を受けていない」とまでわざわざ言及するに至ったことは、こうした激しい動きに対して、発言者としてきちんと対応しようという彼の意志の表れだろう。

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』についての議論を、僕は賛否ともに非常に楽しんでいます。誰もがそれぞれの意見を持つ権利があるんです。ただし、ひとつだけきちんと明らかにさせてください。ディズニーやルーカスフィルムが、僕の言うことに不満や指示を述べたことはありません。一度も。 #これで話は終わり

またオンラインでは、マークが『最後のジェダイ』の結末をワールド・プレミアまで聞かされていなかった、マークの発言に怒ったディズニーが結末を伏せることを決めていたのだ、という噂も流れる始末だった。マークはこの噂についても「素晴らしい。すべての言葉が間違っている」と一蹴。参加初日から脚本にすべて書かれていたと明らかにしている

 

劇場公開から2週間を超えてなお、本作『最後のジェダイ』をめぐる賛否両論はおさまるところを知らない。これこそ世界中の人々に多大なる影響を与えた『スター・ウォーズ』の威力というべきだろうが、いわれのない風評の飛び交う事態だけは、すみやかに沈静化することを望むばかりである。

映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』は2017年12月15日より全国の映画館にて公開中。

Sources: http://comicbook.com/starwars/2017/12/30/mark-hamill-star-wars-the-last-jedi-comments-disney/
http://comicbook.com/starwars/2017/12/30/star-wars-the-last-jedi-rumor-ending-changed-mark-hamill/
写真:ゼータ イメージ

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。