Menu
(0)

Search

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』キャプテン・ファズマを出演者&監督が語る ― レイ役女優の提案した演出とは?

©THE RIVER

映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(2015)で大活躍を見せるかと思いきや、思わぬ見せ場のなさでファンを複雑な気持ちにさせたファースト・オーダーの“鬼上官”、キャプテン・ファズマ
シリーズ最新作スター・ウォーズ/最後のジェダイでは、予告編からフィン(ジョン・ボイエガ)との激闘を繰り広げており、2年ぶりの再登場に早くから注目が集まっていた。米Entertainment Weekly誌の特集記事で、監督や出演者がファズマについてコメントを寄せている。

本記事には、本作のキャプテン・ファズマの登場シーンについて重大なネタバレが含まれている。本編未見の方は決して読み進めないよう、くれぐれもご注意いただきたい。

注意

この記事には、映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』の重大なネタバレが含まれています。

©Walt Disney Studios Motion Pictures ©2017 & TM Lucasfilm Ltd. 写真:ゼータ イメージ

ファズマ、もしかしてこれで死亡?

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』において、思わぬあっけない幕切れを迎えるキャラクターといえば、最高指導者スノークとキャプテン・ファズマだろう。ファースト・オーダーの上層部2名が想定外の退場を見せるのは確実に“サプライズ”なのだが、それにしてもなかなか登場しなかったファズマがフィンとの戦いの末にヘルメットをぶん殴られ、次の瞬間に床が崩れて炎の中へ落ちていくという展開は、もはや驚きというよりも不憫ですらある。

さて、ファズマはこれで死亡してしまったのか、それとも『フォースの覚醒』で生き延びたように再び蘇るのだろうか。
この問いかけにライアン・ジョンソン監督は、「ファズマは『サウスパーク』のケニーですから」とコメントした。アニメ『サウスパーク』(1997-)の主要人物であるケニーとは、とにかく頻繁に死亡し、何事もなかったかのように再登場するという特徴をもつキャラクターである……。

またルーク・スカイウォーカー役のマーク・ハミルは、「彼女は生き残ると思います」と述べて、「炎の中へ落下して、大きなゴミの山に落ちるんですよ」という仮説を展開。それから「誰も死んではいません(No one’s ever really gone.)」と、劇中の自らのセリフを引用したのだった。

ちなみにファズマを演じているグウェンドリン・クリスティーは、ファズマとして復活するアイデアをひそかに持っているという。衣裳デザイナーのマイケル・カプラン氏は、「グウェンドリンは、彼女がどうやったら復活するのかを全部理解してますよ」と証言しているのだ。

レイ役デイジー・リドリーが提案した演出とは

『フォースの覚醒』において、ファズマがヘルメットを外してその顔を見せることはなかった。『最後のジェダイ』でもとうとう素顔を見せずに出番を終えてしまうが、前作と違うのは、フィンが壊したヘルメットの穴から、その眼差しが見えることである。
実はこの印象的な演出を考えついたのは、レイ役を演じるデイジー・リドリーだったというのだ。ライアン監督は、撮影の経緯をこのように明かしている。

「ヘルメットの中にある人間らしさが垣間見える、というのがすごく魅力的だと思いました。もともとは“怪物みたいにすべきかな? 内側に何があるべきなんだろう?”と言ってたんですよ。その話をしていた時、デイジーが、グウェンドリンの美しい、鋭い目を見せるべきだと言ったんです。メタル・モンスターの内側に、この完ぺきな青い目が見える。そのイメージを気に入りましたね。」

また監督は、壊れたヘルメットの中に、醜さではなく美しさが見える方が不穏であるとも考えたと述べている。その表情をもっときちんと観てみたかった気もするのだが……。

次回作『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』にファズマが再登場するかどうかはわからない。同作はJ・J・エイブラムス監督とクリス・テリオが脚本を進めているところだが、その内容はライアン監督も知らないというのだ。
ちなみに映画ではなく書籍の分野では、キャプテン・ファズマを追ったスピンオフ作品が複数存在する。小説『スター・ウォーズ ファズマ』(ヴィレッジブックス刊、発売中)やコミック『スター・ウォーズ:キャプテン・ファズマ』(ヴィレッジブックス刊、2018年1月31日発売)は映画公開にあたって邦訳版が登場しているので、ぜひこの機会にチェックしてみても良さそうだ。

映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』は2017年12月15日より全国の映画館にて公開中。

Source: http://ew.com/movies/2017/12/17/star-wars-last-jedi-spoilers-captain-phasma-killed-survive/2/
©Walt Disney Studios Motion Pictures ©2017 & TM Lucasfilm Ltd. 写真:ゼータ イメージ

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly