Menu
(0)

Search

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』新キャラ・ポーグは賛否両論?ルーク役マーク・ハミルが舌戦に参加、監督もコメント

スター・ウォーズ 最後のジェダイ ポーグ

映画スター・ウォーズ/最後のジェダイの新予告編で、新クリーチャー・ポーグが本編での動く姿をついにお披露目した。以前Instagramにて公開されたショートアニメで鳴き声は明らかになっていたものの、やはりそのキュートさは一目瞭然だ。

ライアン・ジョンソン監督によれば、ポーグはルークの隠居する惑星アク=トゥーのロケ地(スケリッグ・マイケル島)に実在するツノメドリから着想したものだという。相棒を失ったチューバッカの隣をきっちり陣取るこのキャラクターは、イウォークやBB-8などが代々務めてきた“かわいい枠”の最前線を猛烈な勢いで突き進んでいる。もちろんディズニー/ルーカスフィルムは、クリスマスに向けてのグッズ展開に余念がない。

ところが『スター・ウォーズ』ファンの間では、(まだ予告編の数秒間しか登場していないにもかかわらず)早くも「ポーグ大好き派」「ポーグ認めないよ派」に分裂する事態が起きているようなのだ。

かつてはイウォークが、プリクエル3部作のジャー・ジャー・ビンクスが、そしてBB-8ですらも直面してきた試練だが、なんと今回はルーク・スカイウォーカー役のマーク・ハミルと『スター・トレック』カーク船長役のウィリアム・シャトナーが“舌戦”を繰り広げる展開にもなっている。本記事ではその大まかな動きと、ライアン・ジョンソン監督のコメントをご紹介しよう。

ポーグ、早くも賛否両論に

まずはここで、「ポーグ大好き派」と「ポーグ認めないよ派」がどんな反応を示したのかを確認してみよう。

ポーグ大好き派のみなさん

「ありがとう、これこそ私が求めていたもの。彼らは友だちで、食べたりなんかしないし、仲間だから冒険もする。そうだよね?」

「おかしくなっちゃう前は、ポーグが喋るまで待つつもりだったんです。でも……。」

「もし1匹でもポーグが死ぬようなことがあったら、『スター・ウォーズ』シリーズを消滅させてやる。」

ポーグ認めないよ派のみなさん

「ハン・ソロの後任者にはガッカリだ。」

「うん、わかった。ポーグはマジでアホ。」

「かわいいジェダイのダイアウルフ>ポーグ」

ルーク対カーク、なぜか舌戦に

こうしたポーグをめぐる賛否両論の中、なぜかスレスレのジョークを投入してきたのが、『スター・トレック』シリーズでカーク船長を演じてきたウィリアム・シャトナーだったのである。ポスターのキャラクターをすべてポーグに差し替えたファンメイド・ポスターを添えて……。

「『スター・ウォーズ』は本格的に落ち目(jumped the shark)だと思うね。マーク・ハミルはこの映画に出てはいけなかったんじゃ?」

むろん、名指しされたルーク・スカイウォーカー役のマーク・ハミルが何も応答しないわけがなかった。

ウィリアム・シャトナーは本格的にシャレになってない(jumped the snark)と思うね。君たちにはボーグ(編注:『スター・トレック』に登場する機械生命体)がいた、僕にはポーグがいる。OK?#シャトナーの冗談はキツい」

この後、シャトナーはハミルにこんなコメントを返している(10月11日17時現在、ハミルからの応答はない)。

「銀河のハッカー、マーク・ハミルは僕の出た番組にボーグがいなかったことも知らない! アナキン・スターキラー、このウソつきめ!」

ライアン・ジョンソン監督、賛否両論は予想済み

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』で脚本・監督を務めたライアン・ジョンソンは、こうした賛否両論が巻き起こることを事前に予想していたようだ。予告編の公開に先がけること数日、監督はYahoo! Entertainmentのインタビューにて、ポーグについてこんなコメントを残していたのである。

「(賛否両論の可能性は)撮影現場にパペットの実物が届くまでわからなかったですね。スタッフ全体が“なにこれ、かわいい!”って反応だったんですが、何人かのスタッフは疑いの目を向けてたんですよ。“かわいいよ、でもかわいすぎない?”って(笑)。でも撮影現場ではものすごい反響で、みんなポーグが大好きだったし、僕も大好きですしね。
つまり、『スター・ウォーズ』に超かわいいヤツが出てくることに慎重な人がいるってことはわかってるんです。でも個人的にはポーグのことが大好きだし、それに映画の中で彼らには役割がありますから。」

さて、あなたはポーグのことをどんなふうに捉えているだろうか? 監督のコメントを聞くかぎり、きっと単なる“かわいい枠”では終わらない存在なのだろうが……まずは主要なキャラクターとポーグがどんな出会いを果たすのか、ポーグにどんな反応を示すのか、そんなところも楽しみのひとつだろう。

映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』は2017年12月15日より全国ロードショー。いずれにしても人気爆発間違いなしの新キャラクター、グッズの注文はお早めに!

Sources: https://www.inverse.com/article/37276-star-wars-last-jedi-trailer-porgs-twitter
http://screenrant.com/mark-hamill-william-shatner-star-wars-porgs/
https://www.yahoo.com/entertainment/last-jedi-director-rian-johnson-carrie-fisher-spoiler-no-fly-list-rear-porg-backlash-exclusive-162527278.html

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly