Menu
(0)

Search

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』再会シーンの全貌 ― 監督&出演者、撮影秘話と想いを明かす

映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』には、決して不用意に明かすことのできない、全編のカギとなるシーンが、カギとなる瞬間が数々用意されている。本記事でご紹介するのは、終盤に登場する最もエモーショナルなシーンの撮影裏話だ。

いうまでもなく、本記事には作品に関する重大なネタバレが多分に含まれている。本編を未見の方は、決して鑑賞前にお読みにならないよう、くれぐれもお気をつけいただきたい。

注意

この記事には、映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』の重大なネタバレが含まれています。

©Walt Disney Studios Motion Pictures ©2017 & TM Lucasfilm Ltd. 写真:ゼータ イメージ

ルーク&レイア、つかの間の“再会”

映画冒頭からファースト・オーダー軍の追撃をかわし、撤退を続けるレジスタンスは、人々に棄てられてしまった惑星クレイトにたどり着く。ポー・ダメロンやフィン、ローズたちは懸命の抵抗をつづけ、惑星オクトーから戻ってきたレイも合流するが、戦況は依然としてファースト・オーダーに分があるまま。もはやこれ以上の撤退は不可能かと思われるさなか、そこにルーク・スカイウォーカーが現れる。

レイア・オーガナとハン・ソロの息子であり、かつて弟子だったベン・ソロ=カイロ・レンがダークサイドに堕ちてから、ルークとレイアは初めての再会を果たすのだった。「誰もいなくなってはいない(No one’s ever really gone.)」。ルークはそう言って、ハン・ソロがミレニアム・ファルコンに吊るしていたゴールデン・ダイスをレイアに手渡す……。

このシーンでは、ルークとレイア、そしてマーク・ハミルとキャリー・フィッシャーが『エピソード6/ジェダイの帰還』(1983)以来約34年ぶりにスクリーンに顔を揃えた。米Daily Beastのインタビューにて、ライアン・ジョンソン監督はこのシーンを「信じられません。お別れのシーンになると思ってなかったんです」と振り返っている。

「ルークとレイアのシーンを撮った時、まるで現場は教会のようでした。いつもは愉快な、本当にハッピーで活発な撮影現場なんです。ところがあの日は、みんなが静まり返って、じっと二人を見ていました。[中略]ずっと厳粛な空気で、本当に特別なことが起こっているのをみんなが感じていたんです。あんなふうになったのは最初で最後でしたね。」

ルークの「誰もいなくなってはいない(No one’s ever really gone.)」、そして反乱軍再建に不安を示すレイに、レイアが伝える「必要なものはすべてある(We have everything we need.)」。奇しくも『最後のジェダイ』のクライマックスには、2016年末に急逝したキャリー・フィッシャーの存在を浮き彫りにするようなセリフが複数登場する。
ライアン監督は、ルークやレイと相対するレイアの姿、そしてキャリーの演技について現在の実感を率直に明かした。

「(キャリーの演技を)今見ると、もちろん……複雑な気持ちになります。とても複雑ですよ。僕は(キャリーを)神様みたいだって思います。僕は幸運だと思うんですよ。つまり、彼女がこの演技を見せてくれた幸運、彼女と時間を共有できた幸運、この映画に彼女の最後の時間があるという、すさまじい幸運があるわけです。そして映画の一番最後には、レイに、僕たちに希望が託される。だから神様なんです。彼女がここにいてくれればと思いますよ。」

マーク・ハミルとキャリー・フィッシャー

Entertainment Weekly誌では、「キャリーとは本当の兄妹みたいだった」と語るマーク・ハミルが、久々の共演シーンについて声を詰まらせつつ語っている。

「映画の中で彼女にお別れを告げるのが、今では本当に悲しくて…見られないんですよ。僕はまだ…現実から目をそらしています。彼女は現在なんです、まだ過去じゃない。ここにいるのは当然ですよ。だって、映画の彼女はあんなに素敵なんですから。

劇中でハン・ソロのダイスを渡されたレイアは、かすかに、しかし確かな反応を示している。このリアクションについて、マークは「その時、彼女は理解したんです」と語るのだった。“そこにルークはいない、しかし、確かにいる”ということを……。この場面が現実のキャリーにそのままあてはまることになったのは、映画をめぐる奇妙な出来事であり、シリーズのファンにとっては運命でもあるだろう。

なお、本作の脚本作業に参加していたキャリー・フィッシャーは、このルークとレイアの再会シーンでも一部のセリフを執筆していたという。ライアン監督はそのうちのひとつを明かしている

「彼女は短いジョークが好きで、たくさんジョークを思いつくんです。レイアがルークに言う、“髪型を変えたの(I changed my hair.)”というセリフはキャリーが作ったんですよ。」

映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』は2017年12月15日より全国の映画館にて公開中。

Sources: https://www.thedailybeast.com/star-wars-the-last-jedi-director-rian-johnson-carrie-fisher-helped-write-leias-most-touching-scenes
http://ew.com/movies/2017/12/16/the-last-jedi-spoiler-talk-carrie-fisher-force-powers-leia/2/
©THE RIVER

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly