Menu
(0)

Search

ここがヘンだよ『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』 ─ 脳神経外科医がキャラクターの容態を危惧

©THE RIVER

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』に登場する登場人物らが劇中で見舞われた出来事について、カリフォルニア大学ロサンゼルス校の脳神経外科教授クリス・ギザ氏が学術的観点から解説・指摘を行った。『最後のジェダイ』内の出来事と照らし合わせて論考するため、本記事にはネタバレ内容を含む。

注意

この記事には、『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』のネタバレ内容が含まれています。

「一定期間意識を失うのは、実は脳震盪よりも危険なんですよ」syfy.comにそう語るクリス教授が心配するのは、新キャラクター ローズの容態だ。ローズはクレイト戦において、小型デス・スターに特攻するフィンのスキー・スピーダーに横から激突、その衝撃で意識を失っていた。この出来事が『エピソード9』のローズに影響を及ぼすことが考えられる。

「重大な頭部外傷により、断続的に意識が途切れることがあります。人によっては、脳震盪を起こして記憶が満ち欠けするように失うことも。その瞬間は戦闘的になったり混乱状態に陥って、それから気絶してしまいます。」

ローズはクラッシュしたスキー・スピーダーのコックピットで、パニック状態のフィンに「愛する者のために戦うのよ」と語り、キスをして気絶した。つまり頭部に大きな衝撃を受けてから数秒間は意識を有していたということになる。教授は解説する。

「意識清明期(※)があったわけですから、硬膜外血腫の恐れがありますね。頭の動脈から出血している可能性があります。(※意識清明期:受傷直後は正常の意識状態で、数時間ないし十数時間後に次第に意識が混濁してくることもある。このような場合、意識が正常の期間を意識清明期という。コトバンクまず出血が発生しますが、まだ脳を圧迫はしません。だからこの時点では意識が保たれることがあります。このときの記憶は修復可能です。ローズは衝突時の衝撃で無意識に気絶し、硬膜外血腫を患ったかもしれません。

ローズはキスを忘れるか

似たようなケースが『スター・ウォーズ』出演者にも実際に起こっていた。ハン・ソロ役のハリソン・フォードは2015年3月に飛行機事故を起こした際、事故後の記憶を一部失っている。教授の説明とハリソンの事例に当てはめて考えれば、ローズも衝突後数秒間の出来事──フィンといくつかの言葉を交わし、キスをした記憶を失う可能性はあるだろうか。

「それについては、外傷後記憶喪失として考えることになりますね。たとえ脳震盪であっても、事故前後の記憶は思い出せることもあります。数分後または数時間後に意識が戻ってくることもあります。とは言え、様々な要因や個人によりけりですので、診断は極めて難しいんです。でも、そうですね。(ローズがキスを忘れてしまうのは)充分に有り得るでしょう。

 

ここがヘンだよ『最後のジェダイ』

ちなみにクリス教授は、『最後のジェダイ』を学術的に見て不可解な点を他に2つ述べている。

フィンの覚醒

ひとつは冒頭、目を覚ましたフィンだ。フィンは前作『フォースの覚醒』でカイロ・レンにライトセーバーで斬られてから意識を失ったままだった。『最後のジェダイ』冒頭では長い昏睡から大きく息を吸い上げながら突然目覚め、その直後からレイの安否を気にしていた。教授はこれを「かなりおかしい」「ふつう長期間昏睡状態にあると、呼吸機能が低下するんです」と指摘する。なお、劇中でフィンは液体クッションのようなバクタスーツに身を包んでいたが、教授も「恐らく進んだ技術があったのでしょうか」と推察する。

「それでも、昏睡で長期間動かない状態になると、床ずれのリスクもあります。(バクタスーツは)それを防ぐためのものでしょうか。もしくは、単に体温調整をしていただけかもしれません。」

宇宙遊泳レイア

さらに教授は、「他に変だったところは?」と尋ねられた際には「やっぱりレイアですね」と答えている。レイアは爆発により宇宙空間に投げ出された後、フォースの力で宇宙遊泳、自力で艦内に舞い戻っていた。

「(そもそも)レイアは宇宙空間の中で爆発もしなかった…。しかも、ある程度の意識を呼び起こして、安全な船の中まで移動できるなんて。」

様々な点を指摘したクリス教授だったが、『最後のジェダイ』については「好きですよ!『フォースの覚醒』よりも良かった」と評している。「私は楽しめましたし、ペースも良かった。キャリー・フィッシャーの役に見所がたくさんありましたね。」

映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』は2017年12月15日より公開となっている。

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly