『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』スノーク役俳優、脚本読んで衝撃 ― 『エピソード9』登場の可能性は

映画スター・ウォーズ/最後のジェダイ』は、前作『フォースの覚醒』(2015)に始まった新3部作の第2弾で、あらゆるサプライズが仕掛けられたストーリーで話題を呼んだ。スノーク役を演じたアンディ・サーキスが、このたび脚本を初めて読んだ際の感想を語っている。

注意

この記事には、映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』の重大なネタバレが含まれています。

©Walt Disney Studios Motion Pictures ©2017 & TM Lucasfilm Ltd. 写真:ゼータ イメージ

スノークの死、「ビックリした」


物語のクライマックス、スノークは突然の死を遂げる。レイを追い詰めるスノークは、その隙にカイロ・レンによってルーク・スカイウォーカーのライトセーバーでその身を貫かれるのだ。驚いた表情のまま、スノークは王座を転がり落ちる。真っ二つになった胴体の下半身は、まだその王座に腰かけたまま……。

この展開は多くの観客を驚かせたが、演じるアンディ・サーキスもまたその一人だったようだ。米/Filmのインタビューで、彼は脚本を読んだ際の印象を「ビックリしましたよ」と語っている。

「ビックリしましたよ。ドラマとしては、映画のあの場面は明らかに正しいと思うんです。だから疑問ではなかったんですよ。とにかく、非常に重要なシーンだったので、疑問はありませんでした。ただ、ファンの人たちの思いが残ってしまうな、とは思いましたね。(スノークに)何かを求めていた人たちの思いが。でも僕に言わせれば、(真実は)誰にもわかりませんよ。」

しかし、こう述べながらも、アンディは次回作『エピソード9(仮題)』に登場する可能性を否定してはいない。

「えっと、『スター・ウォーズ』なので……(スノークが)戻ってこられるのか、蘇らせたり復活させたりできるのか、わからないんですよね。」

 

ちなみにアンディは、『エピソード9』で脚本・監督を務めるJ・J・エイブラムスとの間で、スノークの再登場については「話していない」とのこと。脚本はディズニー側に提出されているようだが、そこにスノークの存在は記されているのか……?

映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』は2017年12月15日より全国の映画館にて公開中。

Source: http://www.slashfilm.com/snoke-episode-9/
©THE RIVER

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。