【超順調】『スター・ウォーズ / 最後のジェダイ』2017年8月に製作終了へ

映画『ハン・ソロ(仮題)』からフィル・ロード&クリス・ミラー監督が製作終盤で降板し、ロン・ハワード監督が就任したというニュースは、少なからずルーカスフィルムによる映画製作に一抹の不安を感じさせるものだった。『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』(2016年)に次ぐ製作トラブルの報道は、ファンにとってうれしいものではない……。

しかしその一方で、ルーカスフィルムは『スター・ウォーズ』シリーズの新作を超順調に完成へと向かわせているようだ。

『LOOPER/ルーパー』のライアン・ジョンソン監督が手がける『スター・ウォーズ』“新3部作”の第2作『スター・ウォーズ / 最後のジェダイ』が2017年8月に製作を終了する見込みだという。同作は2016年7月の時点で本撮影を終了しており、編集などのポストプロダクション作業が続けられていた。

Back to it!

Rian Johnsonさん(@riancjohnson)がシェアした投稿 –

今回の情報は、ジョンソン監督がポッドキャスト「トークハウス」にて語ったもの。つまり監督本人が、『最後のジェダイ』のポストプロダクション作業は2017年8月に終了すると明かしたというわけだ。

一般的にハリウッドの大作映画は、ワールドプレミアの直前までポストプロダクション作業が行われていることも珍しくない。現に、膨大な再撮影・再編集があったとはいえ、『ローグ・ワン』は2016年11月末、プレミアイベントのおよそ10日前まで製作が続けられていたのだ。すなわち『最後のジェダイ』が2017年12月15日の劇場公開まで約4ヶ月を残した状態で製作終了することは、本作の製作がいかに順調に進んでいたか、もっといえばジョンソン監督とルーカスフィルムがいかに良好に作業を進められたかを物語るものだろう。

『最後のジェダイ』のプロモーションは2017年夏より本格化するとみられており、第2弾予告編は7月14~16日(現地時間)に開催されるディズニーのファン・イベント「D23 EXPO」、もしくは7月20~23日(現地時間)に開催される「コミコン・インターナショナル:サンディエゴ」(サンディエゴ・コミコン)のいずれかで公開されるのではないかといわれている。いずれにせよ1ヶ月以内には、次の大きな動きを確認することができそうだ。

映画『スター・ウォーズ / 最後のジェダイ』は2017年12月15日全国ロードショー

Sources: http://screenrant.com/star-wars-8-post-production-wrap/
http://www.talkhouse.com/rian-johnson-star-wars-the-last-jedi-talks-with-ana-lily-amirpour-the-bad-batch-for-the-talkhouse-podcast/
Eyecatch Image: https://www.instagram.com/p/BTCXCLMjpRS/

About the author

THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

THE RIVER 公式iPhoneアプリ


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。

Comments

  • Formula 2017年6月24日 at 7:47 AM

    デップーの続編やハン・ソロとかザ・バットマンの監督が降板する中ep8がこんなにスムーズなのはライアンが社長とJJと制作方針が半端なく合致してたからなのでしょうね

    Reply