Menu
(0)

Search

『トムとジェリー』なぜアニメと実写のハイブリッド?監督に訊いた

トムとジェリー
©2020 Warner Bros. All Rights Reserved.

あのトムとジェリーが、ついに実写映画化だ。2021年3月19日公開の『トムとジェリー』では、おなじみのキャラクターたちが現実世界に飛び出して”なかよくケンカ”する。

出演は『キック・アス』シリーズのクロエ・グレース・モレッツに、『アントマン』シリーズのマイケル・ペーニャ。監督は『ファンタスティック・フォー』シリーズなどのティム・ストーリーだ。

THE RIVERでは、ティム・ストーリー監督への単独インタビューを実施。なぜトムとジェリーは2Dで描かれたのか?続編の話はある?気になる疑問をぶつけてみた。

トムとジェリー
©2020 Warner Bros. All Rights Reserved.

ティム・ストーリー監督が語る『トムとジェリー』

──本作『トムとジェリー』は、アニメと実写のハイブリッドということで話題を呼んでいます。アニメのキャラクターたちを実写世界に持ち出す時、『ピーターラビット』や『パディントン』、『プーと大人になった僕』とか『キャッツ』みたいに、リアルなCG再現をするという選択肢もあったと思います。2Dにこだわった理由はなんですか?

この企画に参加したとき、トムとジェリーたちを現実世界につれてくる最高の方法は、彼らが見慣れた姿をしていることだと思いました。つまり、2Dということです。脚本を読んだときから、これは2Dが良いなとずっと思っていました。

特に今作はハイブリッド映画ということで、(アニメと実写の)両方の良いところを活かせる。アニメの面では、小さい頃から慣れ親しんだトムとジェリーが、お馴染みの姿そのままで登場して、アニメらしく落っこちたり、半分に切れたり、コテンパンにやられたりする、ということが大切だと思いました。

それと同時に、トムとジェリーといえばハチャメチャっぷりが楽しいですよね。それを実写の世界でやるんだということで、ホテルや結婚式でハチャメチャをやりたいと思いました。トムとジェリーを映画化する唯一の方法は、アニメと実写の両方の世界観を駆使することです。アニメキャラ独自のルールを用いること。そして、私たちが慣れ親しんだ世界の中で、その大混乱にリアクションをするということでした。

トムとジェリー
©2020 Warner Bros. All Rights Reserved.

──そのアニメと実写を融合する際に、最も難しかったことは何ですか?

一番難しかったのは、撮影前に様々なことを決めておかなければいけないことです。アニメのキャラクターがどう動くかを、事前に固めておくんですね。通常、役者がどう動くかは自由が与えられているものですが、今作はアニメキャラの動きが決まっているので、これに合わせなければいけない。うまくいくときもあれば、そうでないときもありました。でも今作では最高のキャスト陣を与えられたので、事前に準備していたこととシームレスに繋がってくれました。

──つまり、アドリブはなかった?

アドリブはありました!キャストの気持ちにゆとりがあると、アドリブをやってくれる。そのアドリブに、アニメのキャラクターを反応させるということもやりました。

キャストたちには自由を与えるようにしました。それも、キャストの才能あってのことです。計画道りに進めるにはどうすればいいかを分かってもらっていたからこそ、キャスト独自のタッチも少し加えられたんです。

──世界中で愛されるトムとジェリーの新映画です。スタジオから「これはやっていいけど、このラインは越えないで」といったリクエストはありましたか?

全然!トムとジェリーがどういうものかは誰でも知っているけど、作品を見ると実は結構過激なところもあります。ハチャメチャなことがたくさん起こりますよね。ワーナー・ブラザースの素晴らしいのは、何も制約をつけなかったことです。ただ、観客が求める映画を作ってくださいと。

そういう自由を与えられると、クリエイティビティも無限大になるんです。楽しいことがたくさん思いついて、その全てを取り入れられたわけではないにしても、トムとジェリーの実写化は楽しいことだらけでした。何かを考え直したり、ああすれば良かったと後から気にすることも全くありませんでした。面白い形でうまくいきましたし、トムとジェリーらしさにも忠実にできました。

──ホテルマンのテレンス役マイケル・ペーニャがすごく好きなんですけども(笑)、ペーニャはコメディ俳優として最高ですよね。

彼、わかってるんですよね。地に足ついた演技をしながら、そこに色々な要素を入れてくる。例えばドラマ系の俳優だったら、(演技の中で)どこにドラマを持ってくるべきかをわかっている。最高のコメディとはドラマの中から出てくるものなのですが、マイケルはそこに笑いを取り入れながら、どうやるべきかをよくわかっている。他の俳優にも上手に応えてくれます。

それから彼はユーモアの見つけ方が上手い。セットでは彼に驚かされっぱなしでしたよ。地に足ついた演技でありながら、シリアスになりすぎない。コメディをやるときに、一番重要なことです。

──『トムとジェリー』続編の話はしていますか?

まだ話し合いは出ていません。もしもファンの要望があれば、ですね。登場させたいキャラクターは他にもたくさんいます。ジェリーのいとこ(マッスル)とかね!チャンスがあることを祈っています。

──日本では幸いにも映画館は稼働していますが、まだまだ予断を許さない状況です。そんな中でも『トムとジェリー』が今年最高の劇場映画になる理由はなんですか?

劇場で、実写世界の中に2Dキャラクターがいるビジュアルを楽しんで欲しいです。トムが雨に打たれたり、ある場所に閉じ込められたりと、様々なシーンでライティングにこだわりました。最新テクノロジーを駆使した、アニメと実写が融合した映像を是非楽しんで欲しいですね。

観客のみなさんに、大スクリーンで観ていただけるのが待ちきれません。今の状況(コロナ禍)にはうんざりしていますが、大スクリーンで最高に楽しめる映画になっていますよ!

映画『トムとジェリー』は、2021年3月19日(金)全国ロードショー。

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly