Menu
(0)

Search

トム・ホランド、「史上最大のミス」を母親に叱られ反省「愚かでした」

スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム バリ 記者会見 トム・ホランド
©THE RIVER

『スパイダーマン』シリーズなどで知られる俳優トム・ホランドは、主演を務める最新作『チェリー(原題:Cherry)』にまつわる「人生最大のミス」を犯して、母親から叱られたという。どういうことだ…?

このたび米Esquireのインタビューに登場したトムは、『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019)アンソニー&ジョー・ルッソとの再タッグ作となる『チェリー』について語った。本作で、PTSD(心的外傷後ストレス障害)の処方薬として渡されたオピオイド(麻薬性鎮痛薬)の依存症となり、やがて犯罪に手を染めていく男を演じているトム。シリアスで自滅的な演技に挑むなど、役者としての新たな一面を見せている。

こうした姿を両親に見てもらいたかったのか、トムは「独房でのたうち回っている」本作での自身の姿を母親に送ったのだという。この行為を「人生最大のミス」と振り返るトムは、母親と当時交わしたやりとりを以下のように話している。

僕は、“今はこんな風に過ごしているんだよ”って(母親に)伝えました。したら、お母さんが僕に怒ってしまって。当時、僕もちゃんと考えていなかったと思うんですが、“ねえ、お母さん。こんな姿誰が見たいと思うかな?”って感じでした。後で考えたら、あんなことするなんてとっても愚かでしたよ。お母さんは僕の映画を観るたびに、“まあ、うちの子が”って思う時をすごく楽しんでいたんですけど、この映画が全くそんなことないですからね。」

普段は快活で家族想いなトムだ。親御さんにとってみれば、仮にフィクションだとしても、そんな自慢の息子が“のたうち回る”姿を見るのは酷だろう。なお、トムの両親はすでに『チェリー』本編を鑑賞したようで、「息子がヘロインに染まる伝記映画としてではなくて、いち映画として楽しめたようですよ」とトムは話している。「とても誇らしそうでしたし、気に入っていましたね」。

あわせて読みたい

Source: Esquire

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。ご連絡はsawada@riverch.jpまで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly