Menu
(0)

Search

トム・ホランド、「史上最大のミス」を母親に叱られ反省「愚かでした」

スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム バリ 記者会見 トム・ホランド
©THE RIVER

『スパイダーマン』シリーズなどで知られる俳優トム・ホランドは、主演を務める最新作『チェリー(原題:Cherry)』にまつわる「人生最大のミス」を犯して、母親から叱られたという。どういうことだ…?

このたび米Esquireのインタビューに登場したトムは、『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019)アンソニー&ジョー・ルッソとの再タッグ作となる『チェリー』について語った。本作で、PTSD(心的外傷後ストレス障害)の処方薬として渡されたオピオイド(麻薬性鎮痛薬)の依存症となり、やがて犯罪に手を染めていく男を演じているトム。シリアスで自滅的な演技に挑むなど、役者としての新たな一面を見せている。

こうした姿を両親に見てもらいたかったのか、トムは「独房でのたうち回っている」本作での自身の姿を母親に送ったのだという。この行為を「人生最大のミス」と振り返るトムは、母親と当時交わしたやりとりを以下のように話している。

僕は、“今はこんな風に過ごしているんだよ”って(母親に)伝えました。したら、お母さんが僕に怒ってしまって。当時、僕もちゃんと考えていなかったと思うんですが、“ねえ、お母さん。こんな姿誰が見たいと思うかな?”って感じでした。後で考えたら、あんなことするなんてとっても愚かでしたよ。お母さんは僕の映画を観るたびに、“まあ、うちの子が”って思う時をすごく楽しんでいたんですけど、この映画が全くそんなことないですからね。」

普段は快活で家族想いなトムだ。親御さんにとってみれば、仮にフィクションだとしても、そんな自慢の息子が“のたうち回る”姿を見るのは酷だろう。なお、トムの両親はすでに『チェリー』本編を鑑賞したようで、「息子がヘロインに染まる伝記映画としてではなくて、いち映画として楽しめたようですよ」とトムは話している。「とても誇らしそうでしたし、気に入っていましたね」。

あわせて読みたい

Source: Esquire

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly