Menu
(0)

Search

「ウォーキング・デッド」ジーザス役トム・ペイン、『ゾンビランド』続編に出演希望 ― 「ちょっとしたクロスオーバーに」

ウォーキング・デッド
Tom Payne Photo Credit: Gene Page/AMC © AMC Film Holdings LLC.2016.All Rights Reserved.

ドラマ「ウォーキング・デッド」(2010-)のシーズン6からジーザス役を演じている俳優トム・ペインが、映画『ゾンビランド』(2009)続編への出演を希望している。2018年10月に開催されたNew York Comic Conにて収録されたポッドキャスト「Producers Vs Show」にて、ペインは“ちょっとした思い”を明かしたのだった。

「『ゾンビランド2』が作られてると聞いて、“えっ!”って。」

「ウォーキング・デッド」のジーザスがゾンビ化するとしたらどうなるか……という質問に対して、ペインは思わぬ角度から返答した。ウディ・ハレルソン、ジェシー・アイゼンバーグ、エマ・ストーンという、今となっては超豪華なキャストが揃った『ゾンビランド』は、映画ファンの間で今もなお絶大なる人気を誇るゾンビ・コメディ映画だ。ペインの言葉を聞くに、どうやら彼も同作を愛する者の一人だったのかもしれない。

「もしも僕が数シーンに出て、ゾンビか何かを演じられたら笑えると思うんです。だって、ちょっとしたクロスオーバーみたいで面白くなりそうじゃないですか。小ネタか何かで出たいですね。」

司会者に「(前作の)ビル・マーレイみたいな?」と聞かれたペインは「それですよ!」と一言。思えば『ゾンビランド』が公開された2009年、まだ「ウォーキング・デッド」は始まっていなかったのである。ゾンビをめぐるポップカルチャーの動向も、この約10年で大きく変化したわけだ……。

ウォーキング・デッド
Tom Payne Photo Credit: Gene Page/AMC © AMC Film Holdings LLC.2016.All Rights Reserved.

ちなみにペインは「ウォーキング・デッド」撮影のため、髪とひげを伸ばしつづけ、定期的に手入れをするという日常を送っているとのこと。同シリーズへの出演以前は『千年医師物語 ~ペルシアの彼方へ~』(2013)など映画出演も多かったペインは、将来的に映画への復帰も目指しているということだ。

「今は『ウォーキング・デッド』に出ているので、長い髪とひげを維持しなきゃいけないんですが、また映画にも出たいんです。完結している物語が大好きで。エピソードが続いていくテレビ番組は素晴らしいし、特に『ウォーキング・デッド』は最高ですけど、始まりと中盤、結末がわかっているプロジェクトに参加するのも良い。そういう作品にもっと出られるのを楽しみにしてるんです。」

ペインが出演を希望している『ゾンビランド2(仮題)』は、2019年10月11日の米国公開を目指して企画が進行中。前作に続いてメガホンを取る『ヴェノム』(2018)のルーベン・フライシャー監督によると、撮影は2019年1月に開始されるということだ。

ドラマ「ウォーキング・デッド」シーズン1~7(字幕版・吹替版)、シーズン8(字幕版)はHuluにて配信中。シーズン9はHuluのFOXチャンネルにてリアルタイム配信のほか、見逃し配信も実施中だ。

Hulu 公式サイト:https://www.happyon.jp/

Sources: Producers Vs Show, Fandango

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly