Menu
(0)

Search

『トップガン マーヴェリック』トム・クルーズ、共演者を戦闘機に乗せたがっていた ─ 「こんな空中撮影は今後ないかも」

トップガン マーヴェリック
(C) 2022 Paramount Pictures Corporation. All rights reserved.

名作映画『トップガン』(1986)の続編トップガン マーヴェリックで、主演のトム・クルーズが、CGではなく“本物”を使用しての撮影にこだわるため、共演者を戦闘機にどうしても乗せたがっていたことがわかった。

米海軍のエリートパイロット養成学校に所属するパイロット候補生の挫折と栄光の日々を、戦闘機による迫力のスカイ・アクションで描いた『トップガン』。映画史に残る名作の続編では、現役を退き、次世代の精鋭パイロットを育成する教官となったマーヴェリックを中心とする物語が描かれる。

Empireのインタビューにて、プロデューサーのジェリー・ブラッカイマーは「トムは今回、出演者たちを絶対にF-18に乗せたがっていました」と明かす。トムが実機での撮影を強く望んだ理由は、前作の撮影現場でのエピソードにあったようだ。「(前回は)役者陣をF-14に乗せましたが、トム以外はワンショットも使い物にならなかったんですよ。なぜかというと、全員が撮影中に吐いてしまったから(笑)。だから結局、セットを組んで全部を撮ったんです」。

一方のトムは、続編に参加するにあたり、前作で何が達成できたかということを考えたという。「それで、(今回は)“どうやって撮るか”というチャレンジが楽しみになったんです。だから、ジェリーには“僕が出るならね…”と言いましたよ。要するに、僕はCGのシーンはやらないということです」。さらにトムは、「スタジオに、“この映画がどれほど大変になるかはわかりませんよ”と伝えました」とも話している。

『トップガン マーヴェリック』では、トムの念願が叶い、自身をはじめとする出演者が過酷な訓練に耐え、実際に戦闘機に乗り込んで撮影を敢行している。トムが自ら出演者の訓練カリキュラムを組んでまで実現したかったという、“全て本物”の飛行シーンは前代未聞。こだわりのクオリティには、「今回のような空中撮影は、今までに一度も行われたことがないでしょう。後にも先にもないかもしれませんね」と自信を示している。その一端を捉えた予告編も、是非あわせてご覧いただきたい。

映画『トップガン マーヴェリック』は2020年7月10日(金)全国ロードショー。

Source: Empire

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly