Menu
(0)

Search

『トップガン マーヴェリック』トム・クルーズ、共演者を戦闘機に乗せたがっていた ─ 「こんな空中撮影は今後ないかも」

トップガン マーヴェリック
(C) 2019 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.

名作映画『トップガン』(1986)の続編トップガン マーヴェリックで、主演のトム・クルーズが、CGではなく“本物”を使用しての撮影にこだわるため、共演者を戦闘機にどうしても乗せたがっていたことがわかった。

米海軍のエリートパイロット養成学校に所属するパイロット候補生の挫折と栄光の日々を、戦闘機による迫力のスカイ・アクションで描いた『トップガン』。映画史に残る名作の続編では、現役を退き、次世代の精鋭パイロットを育成する教官となったマーヴェリックを中心とする物語が描かれる。

Empireのインタビューにて、プロデューサーのジェリー・ブラッカイマーは「トムは今回、出演者たちを絶対にF-18に乗せたがっていました」と明かす。トムが実機での撮影を強く望んだ理由は、前作の撮影現場でのエピソードにあったようだ。「(前回は)役者陣をF-14に乗せましたが、トム以外はワンショットも使い物にならなかったんですよ。なぜかというと、全員が撮影中に吐いてしまったから(笑)。だから結局、セットを組んで全部を撮ったんです」。

一方のトムは、続編に参加するにあたり、前作で何が達成できたかということを考えたという。「それで、(今回は)“どうやって撮るか”というチャレンジが楽しみになったんです。だから、ジェリーには“僕が出るならね…”と言いましたよ。要するに、僕はCGのシーンはやらないということです」。さらにトムは、「スタジオに、“この映画がどれほど大変になるかはわかりませんよ”と伝えました」とも話している。

『トップガン マーヴェリック』では、トムの念願が叶い、自身をはじめとする出演者が過酷な訓練に耐え、実際に戦闘機に乗り込んで撮影を敢行している。トムが自ら出演者の訓練カリキュラムを組んでまで実現したかったという、“全て本物”の飛行シーンは前代未聞。こだわりのクオリティには、「今回のような空中撮影は、今までに一度も行われたことがないでしょう。後にも先にもないかもしれませんね」と自信を示している。その一端を捉えた予告編も、是非あわせてご覧いただきたい。

映画『トップガン マーヴェリック』は2020年7月10日(金)全国ロードショー。

Source: Empire

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

モーリタニアン 黒塗りの記録

【レビュー】『モーリタニアン 黒塗りの記録』シリアスと娯楽性のバランス ─ カンバーバッチも自ら出演志願した理由とは

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

Ranking

Daily

Weekly

Monthly