Menu
(0)

Search

リドリー・スコット、『トップガン マーヴェリック』を称賛 ─ 試写会にて、「心温まる瞬間だった」とジェリー・ブラッカイマー

トップガン マーヴェリック
(C) 2022 Paramount Pictures Corporation. All rights reserved.

トム・クルーズ主演の青春スカイアクション『トップガン』(1986)を手掛けた亡きトニー・スコット監督の兄として知られる巨匠・リドリー・スコット監督が、2022年5月に公開を迎える続編『トップガン マーヴェリック』を既に鑑賞していたことがわかった。プロデューサーのジェリー・ブラッカイマーによれば、リドリー・スコットからは高評価を受け取ったという。

約36年ぶりの続編『トップガン マーヴェリック』では、『トロン:レガシー』(2010)や『オブリビオン』(2013)で知られるジョセフ・コシンスキー監督がメガホンを取った。元々、2010年には米パラマウント・ピクチャーズがトニー・スコット監督ら1作目の製作陣に対して続編企画を持ちかけていたが、創作上の相違により実現せず。2012年、トニー・スコット監督は自死によりこの世を去った。

本作は、コシンスキー監督による持ち込みのアイデアを主要人物のトム・クルーズが承諾したことで実現したことが分かっている。新旧フィルムメーカーがコラボレーションした1作とも言えるが、今は亡き生みの親の兄、リドリー・スコットは作品をどう見たのか。英Empireでは、1作目からプロデューサーを続投するジェリー・ブラッカイマーが試写会でのリドリーの反応を明かしている。

「心温まった瞬間の1つは、映画をトニーの兄、リドリーにお見せしたときです。彼は映画を好意的に褒めてくださりました。映画を通してトニーに敬意を払ったトムの気遣いについても。他の皆も、このことを真っ先に思い浮かべるはずです。」

トニー・スコット監督は『トップガン』以降も、トムとは『デイズ・オブ・サンダー』(1990)でタッグを組んでいる。ブラッカイマーとも『ビバリーヒルズ・コップ2』(1987)や『クリムゾン・タイド』(1995)『エネミー・オブ・アメリカ』(1998)といった作品で仕事を共にしてきた。ここからも『トップガン』の製作陣にとってトニー・スコットの存在が大きいことは明白で、『トップガン マーヴェリック』はトニーへの感謝を伝える場としての役割も担っているのだろう。

映画『トップガン マーヴェリック』は、2022年5月27日(金)全国ロードショー。

Source: Empire

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。ご連絡はsawada@riverch.jpまで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly