Menu
(0)

Search

『トップガン マーヴェリック』アイスマン役ヴァル・キルマー、復帰までの熱いドラマ ─ 手術により声を喪失、トム・クルーズの熱烈オファー

トップガン
©Paramount Pictures 写真:ゼータ イメージ

コロナ禍が始まって以降、一番長く待ったと言っても過言ではない映画が世界に向けて遂に飛び立つ。スカイアクションの金字塔として今なお愛され続ける『トップガン』(1986)36年ぶりの続編、『トップガン マーヴェリック』だ。

『トップガン』の続編と聞いてファンが期待することといえば、やはり主人公マーヴェリックを演じたトム・クルーズの復帰だろう。しかし、トムにしてみれば、ある人物の復帰無くして本作を実現させることができなかった。マーヴェリックのライバル訓練生、トム・“アイスマン”・カザンスキーを演じたヴァル・キルマーである。キルマーの復帰までには熱いドラマがあったのだ。

声を失った2015年、取り戻した2021年

『トップガン』出演後、トム・クルーズと共に人気に火を付けたキルマーは、『バットマン フォーエバー』(1995)や『ヒート』(1995)、『デジャヴ』(2006)など数多のハリウッド映画で活躍してきた。しかし2015年、キルマーは困難に直面する。喉頭がんと診断されたのだ。

この事実が公に明かされたのは診断から2年後の2017年。キルマーは手術で声を喪失し、キャリアが絶たれることを懸念する声も当時は見られていた。それでもキルマーは俳優活動を続け、『ソング・トゥ・ソング』(2017)『スノーマン 雪闇の殺人鬼』(2017)などに出演。2020年の主演作『デッドヒート』でキルマーは、自身の演技に声優の吹き替えを加えることで作品を完成させた。

そんなキルマーに光明が差したのが、2021年。英スタートアップ企業Sonanticの主導のもと、最先端のAI技術を駆使した音声クローニングによりキルマーの声を再生させるプロジェクトが始動したのだ。

きっかけは2020年、キルマーの半生を綴ったドキュメンタリー映画『Val(原題)』の撮影を終えた後だった。当時Sonantic社CEOのジーナ・クレシ氏は、「ヴァルのチームが、創作を続けるために声を取り戻したいと声をかけてくださりました」と振り返っていた。同社はキルマーの音声データを独自の“ボイスエンジン”アルゴリズムにかけ合わせるなどして、声を再形成。プロジェクト成功後、Sonantic社は取り戻されたキルマーの声をYouTubeで公開した。

『トップガン マーヴェリック』復帰の裏で

キルマーはこうしたプライベートでの困難に向き合いながらも、2018年6月、『トップガン マーヴェリック』続編への参加が発表された。しかし、この2年半前の2015年11月、キルマーは自身のFacebookで、アイスマン役続投オファーの電話を受け取っていたことを明かしており、公にアナウンスされる前から企画が水面下で始動していたことがうかがえる。

すでに分かっている情報として、『トップガン マーヴェリック』でアイスマンは、海軍の大将に上り詰めており、トム演じるピート・“マーヴェリック”・ミッチェルをトップガン・パイロットたちの教官に任命する。1作目から数十年が経ち、ライバル同士だったマーヴェリックとアイスマンの関係性にも注目が集まるが、アイスマンが物語を動かすキーパーソンという役どころであることには間違いないようだ。なぜなら、キルマーの復帰は製作を兼ねるトム本人の強い希望だったからである。

2021年8月、プロデューサーのジェリー・ブラッカイマーが、製作の初期段階にトムが「もし僕たちが『トップガン』をもう一度作るなら、そこにはヴァルがいないとダメだ」と主張していたと明かしていた。撮影現場でトムとキルマーが再会した日について、ブラッカイマーは「全員にとって、すごくエモーショナルな体験でした」と語り、後にジョセフ・コシンスキー監督も2人の再共演に「ものすごく特別な瞬間でした」と当時の感動を話している

また、キルマーの娘として知られる俳優メルセデス・キルマーも撮影を見学していたという。 メルセデスは米New York Postに「現場が生きているようで、並外れたものがありました」とコメント。「(復帰は)父にとってはすごく重要なことで、彼自身も映画を誇りに思っているはず」とキルマーの思いを代弁していた。

再び海軍の制服に身を包んだ2人の俳優も再会を喜んだ。キルマーとの共演について、トムは「とても特別で、非常に格別な瞬間が製作のあいだにはとてもたくさんありました」と話しながら、「彼は僕がとても尊敬している俳優です。最高でした」と当時を回顧。一方のキルマーもTwitterでたびたび『トップガン』復帰への思いを表しており、直近では1作目の撮影時に仕事を共にした本物のトップガン・パイロットたちとの集合写真をシェア。そこにはトムやグース役のアンソニー・エドワーズの姿もあり、キルマーは「オリジナル『トップガン』の特別な思い出」と綴っていた。

キルマー復帰の裏で、映画に負けないほどの熱いドラマが繰り広げられていた『トップガン マーヴェリック』が遂に公開を迎える。36年ぶり満を持してのテイクオフとなる本作では、往年のファンにも新世代にも、必ずや感動の映画体験が用意されているはずだ。

映画『トップガン マーヴェリック』は2022年5月27日(金)全国公開。

Source:People,Val Kilmer Facebook,New York Post,Metro

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。ご連絡はsawada@riverch.jpまで。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly