Menu
(0)

Search

『トップガン マーヴェリック』若手パイロット役、大プレッシャーを『スター・ウォーズ』に例えて表現

トップガン マーヴェリック
(C) 2022 Paramount Pictures Corporation. All rights reserved.

トム・クルーズ主演のスカイアクション映画『トップガン』から36年の時を経て、ついに公開された続編『トップガン マーヴェリック』。映画史に名を刻むような大作映画の続編に出演するプレッシャーについて、新キャストが心境を語っている。

IndieWireのインタビューに、若手女性パイロットのフェニックス役を演じたモニカ・バルバロが登場。その役作りや準備、前作のレガシーを損なわないよう、期待に応えるのは容易ではなかったと述べている。

「大変でした。すごくキツかったしプレッシャーも大きかったです。スター・ウォーズ』映画について語られる時と同じで、現場へ行って、第1作に匹敵する映画を作らなければならないというプレッシャーがありました。

もちろん、同じ映画を作ることは出来ませんが、あの楽しさや興奮をそのままに、トム(・クルーズ)が大規模なスタントをこなす時にもたらす、全てのクオリティを持ち込みたいですよね。あらゆる方向から、そういうプレッシャーがありました。」

常に続編は、“前作を超える”という期待とプレッシャーに向き合わなければならず、それが『トップガン』や『スター・ウォーズ』などの大ヒット映画ならば尚更だろう。一方でバルバロはプレッシャーを感じつつも、戦闘機に乗る訓練では運命的な何かを感じたようだ。

「ですが、訓練中に空を飛ぶ瞬間は、“これが私のいるべき場所なんだ。これが私のやるべきことなんだ。自分には分かる”と実感できました。それが明確になったことで、よりシンプルなチャレンジになったんです。“よし、気絶しなければいいんだ。吐き気をもよおさないように、そして、飛行中にシーンを演じることが出来るぐらいまで、平気でいられればいいんだ”と。トムは、そのために完璧なプログラムを用意してくれました。」

バルバロは「吐き気をもよおさないように」と話しているが、これは過酷な環境となる戦闘機に実際に乗り込んで撮影した時のことを振り返ってのこと。実際にバルバロは、若手パイロット役キャストの中で唯一嘔吐しなかった人物であると伝えられている。

あわせて読みたい

Source:IndieWire

Writer

Hollywood
Hollywood

ロサンゼルスに11年在住していた海外エンタメ翻訳家/ライター。海外ドラマと洋画が大好き。趣味は海外旅行に料理と、読書とキャンプ。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly