Menu
(0)

Search

Netflix「クイーンズ・ギャンビット」シーズン2は実現するか?アニャ・テイラー=ジョイが言及

『クイーンズ・ギャンビット』
Netflixオリジナルシリーズ「クイーンズ・ギャンビット」2020年10月23日(金)独占配信開始 | Cr. PHIL BRAY/NETFLIX © 2020

Netflixのオリジナルシリーズ「クイーンズ・ギャンビット」は2020年の登場作品の中でも特に人気を集めたシリーズだ。アニャ・テイラー=ジョイ主演、チェスの天才少女ベス・ハーモンが、数々の大会で強豪プレイヤーたちを打ち負かしていく興奮と感動のドラマ。Netflix史上最大のスクリプテッド・リミテッド・シリーズとしての記録を打ち立て、さらにちょっとしたチェスブームも巻き起こしている。

評判を呼んだシリーズとあって、シーズン2の製作は実現するだろうか。米Deadlineのインタビューに答えた主演テイラー=ジョイは、「みなさんがシーズン2を求めているというのは、夢のようですし、とても素晴らしいことですね。だって、私たちは考えたこともなかったですし、話し合いもしていませんでしたから」として、現時点での計画を否定。「でも、ハリウッドには“ありえないことなんてない”んですよ」とも語っているから、もしかしたらシーズン2の製作が突然決定する……といった将来もありえなくはないだろう。

もしもシーズン2が実現したとしたら、どんな物語が考えられるだろうか。ジョイは「ベスがどんな母親になるかが見てみたいですね」と言及している。その内容は「クイーンズ・ギャンビット」のネタバレになりうるのでここでは割愛させていただくが、劇中で描かれたベスの物語の「その後」に興味があるようだ。

ところで「クイーンズ・ギャンビット」は記録的な大ヒットを記録したが、この理由をジョイはコロナ禍における自粛生活にかけて考察している。

「最大の敵は自分自身だった、というところがありますよね。現在の私たちは自宅で自粛生活を送っているわけですが、おそらく自分自身とこんなに向き合うこともなかったんじゃないでしょうか。これまでは、いろいろなことに気が散っていましたからね。でも家の中に閉じこもってみると、自分自身から逃げ出す要素がほとんどなくなる。潜在的に、そうしてちょっとオープンになっていくのかなと。このドラマにも素晴らしいメッセージがあって、どれだけ秀でていても、誰かの助けは必要なんですよと。支え合ったほうが良いし、ベスも最終的に支えを得ていきますが、その美しさを見ているんだと思います。」

「クイーンズ・ギャンビット」は2021年(第78回)のゴールデングローブ賞で、ドラマ部門の作品賞、女優賞にダブルノミネート。未見の方は、これを機にイッキ観してみるのもオススメだ。

あわせて読みたい

Source:Deadline

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly