Menu
(0)

Search

【画像大量】『トレイン・ミッション』リーアム・ニーソン、観月ありさのデビュー曲を予習していた ─ ジャパン・プレミア完全レポート

映画『トレイン・ミッション』ジャパン・プレミアで来日のリーアム・ニーソン
©THE RIVER

『96時間』シリーズや、『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』(1999)クワイ=ガン・ジンなどで知られる俳優のリーアム・ニーソン主演作『トレイン・ミッション』が、2018年3月30日より全国公開。この作品のジャパン・プレミア3月18日にTOHOシネマズ六本木ヒルズで開催され、主演のリーアム・ニーソンがファンの前に登場した。(記事下部に画像大量ギャラリーあり)

映画『トレイン・ミッション』ジャパン・プレミアで来日のリーアム・ニーソン
©THE RIVER

この日は、チケット発売後わずか数分で即完売となったというほどのプレミアムな機会。そのステージに颯爽と登場したリーアムは、観客全員のハートを震わすほど魅力的な低音ボイスで「東京に戻ってこれて、とてもとても嬉しいです。私は、皆さんのような素敵な映画ファンのために映画を創っていますから。本日はお越しいただき、またこのジャンルの作品をサポート頂き、心の底から感謝申し上げます。本当に光栄です」と謝辞。13年ぶりの来日については「日本では、映画ジャーナリストの方々も、本当に映画を応援したいという気持ちでお集まり頂いている感覚があり、感銘を受けています。またこの国では、お会いする皆様がすべからく礼儀正しいというところにも感銘されています。西洋でも、あなた方の礼儀正しさやエチケットを見習うべきですね」と述べた。

映画『トレイン・ミッション』ジャパン・プレミアで来日のリーアム・ニーソン
©THE RIVER

『トレイン・ミッション』は『フライト・ゲーム』の”心の続編”

『トレイン・ミッション』では、『アンノウン』(2011)『フライト・ゲーム』(2014)『ラン・オールナイト』(2015)に引き続き、ジャウム・コレット=セラ監督と4度目のタッグになる。すっかり名コンビとなったジャウム監督について、リーアムは次のように語った。

「ジャウム・コレット=セラは、素晴らしい才能を備えた監督です。ドイツで撮影した『アンノウン』を8年前か9年前に撮って、それからお仕事を共にする度に、どんどん成長されている。個々のシーンだけでなく、作品全編を通じて造形や物語の流れ、ダイナミズムをしっかり頭に入れているような、数少ない監督です。その結果、監督はシーンにおけるペースを生み出すことができるんです。私も監督を100%信頼できますし、監督も私を信頼してくださる。(通訳さんを気遣いながら)…長々とお話してしまって、すみません。」

映画『トレイン・ミッション』ジャパン・プレミアで来日のリーアム・ニーソン
©THE RIVER

『トレイン・ミッション』では、密室の列車の中で謎が謎を呼ぶミステリーが展開される。息をもつかせぬスリリングなストーリーが見どころだが、この構図は飛行機内でのサスペンスを描く『フライト・ゲーム』にも通ずる。

「ジャウマ監督がインタビューで仰っていたのですが、『トレイン・ミッション』は『フライト・ゲーム』の”心の続編”なんです。『フライト・ゲーム』も密室内の物語でしたが、『トレイン・ミッション』でも同じく密室内ですよね。」

映画『トレイン・ミッション』ジャパン・プレミアで来日のリーアム・ニーソン
©THE RIVER

続けてリーアムは、列車の車両内が舞台となった本作の撮影舞台裏エピソードも披露。

「不思議なことに、『トレイン・ミッション』に登場する電車は、ニューヨーク北部にある私の自宅に帰る際に乗る電車と同じなんです。だから私自身も、あの電車にはここ25年で70〜80回は乗っているんですよ。お馴染みの電車だった、というわけです。でも、撮影はロンドンのセットで行われたので、不思議な感じでした。(やや小声で、ロンドン撮影の理由は)税金によるものなのですが…。
それから、撮影では1車両分と、隣の車両の一部だけのセットだけで行われたんです。でも(劇中の)電車は全7車両。だから、毎晩撮影を終えた後にセット車両の中身を再編成して、2車両目、3車両目、4車両目と作り変えていったんです。

御年65歳となるリーアムだが、『トレイン・ミッション』でも骨太なアクションを見せてくれている。今後もアクション映画で活躍して欲しいと司会者から伝えられると、リーアムは「私の膝が大丈夫な限りはね」と笑わせた。

映画『トレイン・ミッション』ジャパン・プレミアで来日のリーアム・ニーソン
©THE RIVER

これまでの出演作品から、どんな極地も乗り越える無敵の男というイメージのリーアムだが、本人が恐いと感じるものは何かという質問には「いい質問ですね」と考え込みながら「高いところ。それからいじめっ子かな、怖くはないけどね」と意外な回答で会場を沸かせる。続けて「現在のアメリカ政権には恐怖を感じています」とも加えた。

リーアム・ニーソン、観月ありさの「伝説の少女」予習していた

映画『トレイン・ミッション』ジャパン・プレミアで来日のリーアム・ニーソン
©THE RIVER

ここでサプライズゲストとして、女優の観月ありさが春らしい桜の花束を抱えて登場。「ここにいらっしゃる皆さんもリーアムさんが大好きだと思いますが、こんなに近くに(リーアムに)寄ってしまって、どうもすみません」と笑顔。リーアムは「これから二人で歌いましょうか。何だかそんな気分です」と応えた。

観月が「いつもヒールを履くのを躊躇してしまうんですが、リーアムさんの背がまだまだお高いので有り難いですね」と述べると、リーアムは「私もヒールを履いているんです」と笑わせた。観月が登場してからは、ギリシャ彫刻のような造形をしたリーアムの表情がすっかりとほころんでおり、「恋に落ちました」「今朝は『伝説の少女』を繰り返し聴いていたんです。とても美しい曲ですね。22万枚売れたナンバーワン・ヒット曲なんでしょう?」と告白。なんとこの日の今朝、リーアムはエアロバイクを漕ぎながら観月ありさの1991年の歌手デビュー『伝説の少女』を聴いていたのだという。「ワークアウトにはスローな曲でしたね」と気遣う観月には、「私も年寄りなので、ちょうど良かったですよ」と答えた。

ギャラリー(画像タップで拡大)

映画『トレイン・ミッション』でリーアムが演じるのは、長年勤めてきた保険会社を60歳で突如リストラされた不運な男・マイケル。途方に暮れ帰路に向かう電車内、見知らぬ女から「乗客の中から”ある人物”を探し出せば、10万ドル支払う」と持ちかけられる。大金に目がくらんだマイケルは、自分が選ばれた理由も分からぬまま、元刑事のスキルを駆使して車内で“捜査”を開始。疾走する電車を駆け回り、わずかなヒントを元に容疑者を絞り出していくが、妻と息子が人質に取られていることが発覚。駅の数だけ仕掛けられたミステリアスな罠に翻弄されながら、次第にマイケルは壮大な陰謀へと巻き込まれ…。

映画『トレイン・ミッション』は、2018年3月30日より全国ロードショー。

『トレイン・ミッション』公式サイト:http://gaga.ne.jp/trainmission/

(撮影・文:Naoto Nakatani)

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly