Menu
(0)

Search

『新感染』ハリウッドリメイク、タイトルは『Last Train to New York』と米報道 ─ ニューヨーク行き列車が舞台か

新感染 ファイナル・エクスプレス
© 2016 NEXT ENTERTAINMENT WORLD

カンヌ・ファンタジア・シッチェス・カタロニア国際映画祭にて絶賛され、世界中が熱狂の渦に包まれた韓国映画『新感染 ファイナル・エクスプレス』。そのハリウッド・リメイク化企画が、『Last Train to New York(原題)』というタイトルで現在進行中のようだ。

リメイク版『新感染』の題名が判明したきっかけは、スティーヴン・セガール主演の映画『沈黙の戦艦』(1992)が、『KILLERS キラーズ』(2014)『ヘッド・ショット』(2016)などのティモ・ジャヤントによりリブートされることが報じられた記事にある。その記事の中で、ジャヤントが監督を務めている『新感染』の再映画化企画が、『Last Train to New York』というタイトルとして進行中と伝えられているのだ。

『新感染』はもともと、『부산행(直訳:釜山行き)』という原題、『Train to Busan』という英題で本国・海外では公開されており、ソウルからプサンに向かう高速列車の中で、大量に押し寄せる感染者たちと乗客者たちの死闘が展開された。これまでリメイク版の詳細はまったく伝えられてこなかったが、このたび判明したタイトルにより、ニューヨークが列車の最終目的地となることが判明したのである。

ゾンビが大量に乗車している列車が、アメリカの大都市に向かうことになるわけだが、そこに辿り着くまで乗客者たちは感染者たちから生き延びることは出来るのか。どんな展開が待ち受けているのか気になるところだ。

なお脚本は以前から伝えられている、『アナベル』シリーズなどのゲイリー・ダウバーマンが担当するという。『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』(2019)でも知られる鬼才脚本家だ。

映画『新感染 ファイナル・エクスプレス』は、Blu-ray&DVDが発売中。

あわせて読みたい

Source: Deadline

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly