Menu
(0)

Search

『新感染 ファイナル・エクスプレス』ハリウッド版、スタジオの権利争奪戦が展開中 ― ジェームズ・ワン製作、『IT/イット』脚本家が就任

新感染 ファイナル・エクスプレス
© 2016 NEXT ENTERTAINMENT WORLD

韓国発のゾンビ映画として世界中で高い支持を集めた、ヨン・サンホ監督作品『新感染 ファイナル・エクスプレス』(2016)のハリウッド版リメイク企画が進行している

Deadlineによると、このたび、ハリウッド版『新感染 ファイナル・エクスプレス』(タイトル未定)のプロデューサーとして『ソウ』『死霊館』シリーズのジェームズ・ワンが就任。脚本は『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』(2016)や『アナベル 死霊館の人形』(2015)などのゲイリー・ダウバーマンが執筆する。ハリウッドでホラー映画の最前線をひた走るクリエイターのタッグによって、多くの観客に愛されたゾンビ映画はいかに生まれ変わるのか…!

新感染 ファイナル・エクスプレス
© 2016 NEXT ENTERTAINMENT WORLD

また報道によると、現在ハリウッドの大手スタジオが『新感染』のリメイク権をめぐって争奪戦を繰り広げているという。権利取得に手を挙げたとされているのは、ユニバーサル・ピクチャーズ、パラマウント・ピクチャーズ、ライオンズゲート、スクリーン・ジェムズ、ニュー・ライン・シネマの5社。このうちDeadlineとColliderが入手した情報によると、ニュー・ライン・シネマが権利獲得交渉の最終段階にあるとのことだ。

『ソウ』『死霊館』シリーズの監督・製作などで知られているジェームズ・ワンは、DC映画『アクアマン』(2019年2月8日公開)の劇場公開を控えているほか、数々の作品でプロデュースを担当。自身の設立した製作会社アトミック・モンスター・プロダクションズは『新感染』リメイク企画にも名を連ねている。
また、脚本家として起用されたゲイリー・ダウバーマンは『死霊館のシスター』が日本公開中(2018年9月26日現在)のほか、『IT/イット』の続編である『It: Chapter Two(原題)』(2019)、DCドラマ「スワンプシング(邦題未定、原題:Swamp Thing)」の脚本を担当している。

映画『新感染 ファイナル・エクスプレス』Blu-ray&DVDは発売中

『新感染 ファイナル・エクスプレス』公式サイト:http://shin-kansen.com/

Sources: Deadline, Collider
© 2016 NEXT ENTERTAINMENT WORLD

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly