Menu
(0)

Search

『トレーニング デイ』前日譚映画が企画中、約10年前描く

トレーニング デイ
Photofest © Warner Bros. 写真:ゼータイメージ

デンゼル・ワシントンイーサン・ホークのコンビで、新米刑事の訓練日に巻き起こる出来事を描いた2001年の映画『トレーニング デイ』に、前日譚映画の企画が存在するという。米Colliderが報じている。

『トレーニング デイ』は、イーサン・ホークが演じる米ロサンゼルス市警麻薬取締課の新人刑事ジェイクが、デンゼル・ワシントン演じる腹黒いベテラン刑事アロンゾに連れられ、ギャングが蔓延るロサンゼルスの裏社会を舞台とした訓練日(トレーニングデイ)に挑んでいくクライム・サスペンスだ。デンゼル・ワシントンはこの作品で、キャリア初のアカデミー主演男優賞に輝いた。監督は、その後も『イコライザー』シリーズなどデンゼルとの仕事を続けるアントワーン・フークア。脚本・製作はデヴィド・エアーが手掛けた。

報じられるところによれば、前日譚の舞台は1992年4月、白人警官による黒人差別に対するフラストレーションが爆発したロス暴動のきっかけとなったロドニー・キング裁判の判決が下される2日前。『トレーニング デイ』からはおよそ10年前ということになる。

1992年当時のデンゼル・ワシントンは37歳。デンゼルの息子ジョン・デヴィッド・ワシントンもまた俳優であり、『ブラック・クランズマン』(2018)やクリストファー・ノーラン最新作『テネット(原題:Tenet)』で活躍する実力者だ。現在35歳とあって適齢ではあるものの、Colliderはこの配役の可能性を現時点で否定している。

企画はごく初期段階。監督ほか製作陣は定まっていないが、既に脚本家は決定済み。ブラックリスト(まだ映画化されていない優れた脚本のマッチングプロジェクト)で2016年に最優秀賞を獲得したニック・ヤーボローがペンを執るという。

本作は『トレーニング デイ』前日譚とされるものの、現時点の情報に限れば、アロンゾ刑事やジェイクの約10年前が中心的に描かれるかは断言できないだろう。デンゼル・ワシントンやイーサン・ホークの若き姿を演じられるキャスティングも容易ではないはずだ。もしくは、『ジェミニマン』(2019)のようにデジタル若返りの可能性も決して考えられなくはないが……。続報を待つとしよう。

なお『トレーニング デイ』には、映画から15年後を描いたドラマ版も存在する。

Source:Collider

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly