Menu
(0)

Search

『トレーニング デイ』前日譚映画、2022年中に始動か ─ アントワーン・フークア監督と『トランスフォーマー』プロデューサーがタッグ

トレーニング デイ
Photofest © Warner Bros. 写真:ゼータイメージ

デンゼル・ワシントンイーサン・ホーク共演の2001年の映画『トレーニング デイ』前日譚映画が、早ければ2022年中にも製作を開始する見込みであることがわかった。前作の監督を務めたアントワーン・フークアがTHE RIVERに認めた。

『トレーニング デイ』は、イーサン・ホークが演じる米ロサンゼルス市警麻薬取締課の新人刑事ジェイクが、デンゼル・ワシントン演じる腹黒いベテラン刑事アロンゾに連れられ、ギャングが蔓延るロサンゼルスの裏社会を舞台とした訓練日(トレーニングデイ)に挑んでいくクライムサスペンスだ。デンゼル・ワシントンはこの作品で、キャリア初のアカデミー主演男優賞に輝いた。

2019年、この名作の前日譚映画が製作されるとの情報があった。『トレーニング デイ』からおよそ10年前となる1992年を舞台に、白人警官による黒人差別に対するフラストレーションが爆発したロス暴動のきっかけとなったロドニー・キング裁判の判決が下される2日前を描くと伝えられていた。

当時、企画はごく初期段階であるとされたが、この度THE RIVERはフークア監督に進捗を確認。監督は、すでに脚本製作に携わっていることを認めた。

フークア監督は『イコライザー3』を手掛ける予定があるため、『トレーニング デイ』前日譚映画では「監督をやる時間まではないと思う」、「おそらくプロデュースをやる」と明かす。ほかプロデューサーには、『トランスフォーマー』シリーズなどで知られ、フークア監督とは『ザ・シューター/極大射程』(2007)でも協業した重鎮ロレンツォ・ディ・ボナヴェンチュラも加わるという。

さらにフークア監督は、「ワーナー・ブラザースは今年中(2022年)に進めたがっている」とも話した。万事うまく進めば、今年中には正式始動が伝えられそうだ。

注目はキャスティングである。前作の10年前が舞台ということで、デンゼル・ワシントンやイーサン・ホークがそのまま再演するとは考えにくい。同じ世界観の中で、別のキャラクターが描かれる可能性もあるだろう。

フルインタビューはこちら

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。運営から記事執筆・取材まで。数多くのハリウッドスターにインタビューさせていただきました。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

プレデター:ザ・プレイ

『プレデター:ザ・プレイ』狩るか狩られるか?観たかった「プレデター」が詰まった戦慄サバイバル ─ シリーズ復習で備えよう

アンビュランス

『アンビュランス』は何位?マイケル・ベイ人気投票「BAY-1(ベイワン)グランプリ 」結果発表【プレゼント】

L.A.コールドケース

【解説】ジョニー・デップ『L.A.コールドケース』ラッパー暗殺事件って? ─ 90年代ヒップホップ界で起きた最悪の未解決事件とは

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

Ranking

Daily

Weekly

Monthly