Menu
(0)

Search

『トレインスポッティング』スピンオフ企画が進行中 ─ ベグビーに焦点を当てた物語、演者が明かす

ロバート・カーライル
Photo by Edinburgh International Film Festival

ドラッグと暴力に溺れる若者たちの青春を独創的な演出で描き、英国をはじめ世界中で一大旋風を巻き起こした映画シリーズ、『トレインスポッティング』のスピンオフ企画が水面下で進行中のようだ。

『トレインスポッティング』シリーズは、 アーヴィン・ウェルシュによる小説を基にした作品。1996年に第1作目が封切られ、その続編『T2 トレインスポッティング』が2017年に公開された。このたびのスピンオフ企画は、2016年に発売された同原作者による続編小説『The Blade Artist(原題)』を原作にしており、映画2作の主人公マーク・レントン(ユアン・マクレガー)ではなく、ベグビー(ロバート・カーライル)に焦点を当てた物語が展開されるとのことだ。

これまでのベグビーは、麻薬には手を出さないものの、アルコール中毒で喧嘩早いことで知られる男だったが、同小説では、凶悪犯罪者から更生しているようだ。ジム・フランシスと名乗るようになり、アメリカ・ロサンゼルスに移住し、芸術家になったという設定。しかし、ベグビーはスコットランド・エディンバラで殺害された息子の葬儀に出席するため古巣に戻り、息子を殺した者たちへの復讐を企てることになる。

この度、NMEのインタビューにてロバート・カーライルは、「アーヴィンと僕は最近、ロンドンにいるプロデューサーら数人とともに、(『トレインスポッティング』の物語を続けることについて)話し合っています」と企画の存在を認めている。企画の初期段階であるというスピンオフは、ドラマとして進行しており、1時間・6話構成の作品となる見込みとのことだ。

これまでのように映画として製作しない理由についてカーライルは、「ロサンゼルスとエディンバラを行き来きするような大規模な物語なので、それを1時間半で描くのは難しいんです!特に小説の基盤を純粋に捉えるには」と説明。2022年に再び話し合いの場を設けるとのことで、カーライルは「ベグビー役としての復帰についても話し合いたいと思っています」と続けている。なお本企画における監督については言及されていない。ダニー・ボイル監督の続投にも期待したいところだ。

あわせて読みたい

Source:NME

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly