Menu
(0)

Search

『トレインスポッティング』スピンオフ企画が進行中 ─ ベグビーに焦点を当てた物語、演者が明かす

ロバート・カーライル
Photo by Edinburgh International Film Festival

ドラッグと暴力に溺れる若者たちの青春を独創的な演出で描き、英国をはじめ世界中で一大旋風を巻き起こした映画シリーズ、『トレインスポッティング』のスピンオフ企画が水面下で進行中のようだ。

『トレインスポッティング』シリーズは、 アーヴィン・ウェルシュによる小説を基にした作品。1996年に第1作目が封切られ、その続編『T2 トレインスポッティング』が2017年に公開された。このたびのスピンオフ企画は、2016年に発売された同原作者による続編小説『The Blade Artist(原題)』を原作にしており、映画2作の主人公マーク・レントン(ユアン・マクレガー)ではなく、ベグビー(ロバート・カーライル)に焦点を当てた物語が展開されるとのことだ。

これまでのベグビーは、麻薬には手を出さないものの、アルコール中毒で喧嘩早いことで知られる男だったが、同小説では、凶悪犯罪者から更生しているようだ。ジム・フランシスと名乗るようになり、アメリカ・ロサンゼルスに移住し、芸術家になったという設定。しかし、ベグビーはスコットランド・エディンバラで殺害された息子の葬儀に出席するため古巣に戻り、息子を殺した者たちへの復讐を企てることになる。

この度、NMEのインタビューにてロバート・カーライルは、「アーヴィンと僕は最近、ロンドンにいるプロデューサーら数人とともに、(『トレインスポッティング』の物語を続けることについて)話し合っています」と企画の存在を認めている。企画の初期段階であるというスピンオフは、ドラマとして進行しており、1時間・6話構成の作品となる見込みとのことだ。

これまでのように映画として製作しない理由についてカーライルは、「ロサンゼルスとエディンバラを行き来きするような大規模な物語なので、それを1時間半で描くのは難しいんです!特に小説の基盤を純粋に捉えるには」と説明。2022年に再び話し合いの場を設けるとのことで、カーライルは「ベグビー役としての復帰についても話し合いたいと思っています」と続けている。なお本企画における監督については言及されていない。ダニー・ボイル監督の続投にも期待したいところだ。

あわせて読みたい

Source:NME

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

モーリタニアン 黒塗りの記録

【レビュー】『モーリタニアン 黒塗りの記録』シリアスと娯楽性のバランス ─ カンバーバッチも自ら出演志願した理由とは

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

Ranking

Daily

Weekly

Monthly