Menu
(0)

Search

『スター・ウォーズ』ケリー・マリー・トランがディズニーアニメ映画で主演声優、東南アジア系として初

ケリー・マリー・トラン Kelly Marie Tran
A Photo by Walt Disney Television https://www.flickr.com/photos/disneyabc/48613465056/

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(2017)ローズ・ティコ役で注目を集めたケリー・マリー・トランが、東南アジア系アメリカ人として初のディズニーアニメ映画主演声優を務める。Entertainment Weeklyが伝えた。

作品は『Raya and the Last Dragon(原題)』。クマンドラと呼ばれるファンタジーの諸島での戦士たちの戦いが描かれる。トランが演じる主人公はクマンドラ諸島のひとつハート・ランドの長の娘、ラヤ(Raya)。この世界では、かつてドラゴンと人間が共存していたが、ドルン(Druun)と呼ばれるモンスターが侵略してきたという背景があるようだ。ドラゴンたちが人間を守るために犠牲となり、ラヤの父も命を落とした。物語は、ラヤがクマンドラを救うべく、最後のドラゴンを見つけ出す冒険を描くということだ。

トランは同役について、「厳密に言えばプリンセスだけど、そこがこの企画の、特にこのキャラクターの面白いところ。プリンセスになることとは、という物語をひっくり返そうとしているんです」として、新たなディズニー・プリンセス像の描写を示唆。「ラヤは完全に戦士です。子供の頃から剣の扱いを楽しんでいて、逞しい、勇敢な戦士に成長しました。自分のことは自分で出来る人です」。

ラヤ役はもともとカナダ出身の女優兼シンガー・ソングライターであるキャシー・スティールが務める予定だったが、トランへ交代となった。当初は2020年11月の米劇場公開の見立てだったが、新型コロナウイルスの影響で2021年3月12日に延期となっている。

監督は『ベイマックス』(2014)ドン・ホールと『ブラインドスポッティング』(2018)カルロス・ロペス・エストラーダがコンビで挑む。共演には、『クレイジー・リッチ!』(2018)『フェアウェル』(2019)オークワフィナ。人間に返信できる珍しい水竜のシス(Sisu)を演じる。

Source:Entertainment Weekly,Variety

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly