Menu
(0)

Search

『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』国内オープニング興収、2019年実写No.1 ─ 『アベンジャーズ/エンドゲーム』超える

スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け
©2020 & TM Lucasfilm

スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明けが、2019年12月20日(金)に国内378劇場962スクリーンで公開され、日本では実写映画として2019年度No.1のオープニング記録を樹立したことがわかった。

発表によると、『スカイウォーカーの夜明け』は前夜祭上映を含めたオープニング3日間で興行収入15億7,046万円、動員101万8,851人を記録。2019年の実写映画オープニング記録であった『アベンジャーズ/エンドゲーム』の興収14億6,980万円、動員97万人を超えてNo.1の座を獲得した。また、最終興収120億円を記録した『アラジン』の13億9,660万円、動員95万人という初動記録も超えており、100億円突破や『スター・ウォーズ』史上最高の国内興収が期待される滑り出しとなった。

なお、世界が待望した公開初日の20日(金)には国内興収5.3億円、動員35万人を記録。これは金曜日対比で2019年の日本劇場公開作品No.1、ディズニー史上No.1、そして『スター・ウォーズ』シリーズNo.1という堂々の数字だ。平日にもかかわらず多くのファンが劇場に詰めかけ、午前0時以降の上映に参加。熱狂ぶりはマスコミの取材もあいまって全国に伝えられ、土日には大ファンはもちろん、20~30代の女性客やカップル、『フォースの覚醒』(2015)以降の“新SW世代”とされる中高生やファミリー層なども劇場を訪れたという。

映画『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』は2019年12月20日(金)より公開中

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly