Menu
(0)

Search

『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』ワールド・プレミア開催、マーク・ハミルらがサーガに餞別の言葉

スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け ワールドプレミア 米ロサンゼルス
(C) 2019 and TM Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

2019年12月20日の日米同時公開を目前に控えた『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』が現地時間16日、米ロサンゼルス・ハリウッドにてワールドプレミアを開催した。

スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け ワールドプレミア 米ロサンゼルス
(C) 2019 and TM Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

主人公レイ役のデイジー・リドリー、フィン役のジョン・ボイエガ、ポー・ダメロン役オスカー・アイザック、カイロ・レン役アダム・ドライバーといった若き出演者たちに加え、ルーク・スカイウォーカー役のマーク・ハミル、ハン・ソロ役ハリソン・フォードといったレジェンドの面々も登場した。ほか、スティーブン・スピルバーグやジョン・ファヴロー、スパイク・リー、ケヴィン・ファイギといった豪華映画人らも会場に駆けつけ、スター・ウォーズの旅の終わりを盛大に祝福している。現地からは、主な登壇者らのコメントが届けられた。

スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け ワールドプレミア 米ロサンゼルス
(C) 2019 and TM Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』ワールドプレミア 登壇者コメント

マーク・ハミル(ルーク・スカイウォーカー役)

スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け ワールドプレミア 米ロサンゼルス
(C) 2019 and TM Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

「スター・ウォーズ」はいつまでも私を驚かせ続けてくれます。シリーズ全ての映画の本質はどこまでも続くもので止まることはない。なによりファンが最高です。どんなに感謝してもしきれるものじゃありません。彼らは単なるファンじゃなく、もっと家族というものに近い存在です。ファンの方々がいなければ、いま私たちはここにはいないでしょうね。(そんなファンへ、これから)「さよなら」を言うって……(泣きまねで会場の笑いを誘う)。

「スター・ウォーズ」の映画には希望がある。これらの映画が語っているのは、自分に嘘をつかず、自分を信じ
て、自分だけのためでなく、自分の周りの人々のために行動をすれば勝利を手に入れることができるということ。これはおとぎ話なんです。
ただその舞台が宇宙だったんだ。


アンソニー・ダニエルズ(C-3PO役)


銀河で一番大きなパーティーに参加するなんて、とても素敵なことです。誰もがどんなふうに物語が終わるのか興味津々。物語は完
結に向かいます。物語で「やった、それってよかった!」と思える瞬間を持たないといけない。そうすれば、また初めに戻って、もう一度見
られるでしょ。


撮影セットの最終日はもちろん少し悲しいと感じました。すばらしいクルーも、すばらしいキャストも、すばらしい監督も、すばらしい脚
本家も後にして去らなければいけなかった。すばらしいC-3POもね。


ジョージ・ルーカスの行ったすばらしいことのひとつは、この「スター・ウォーズ」をみんなの「砂場」のようなものにしたこと。人々もそれを受け入れて、三世代にもわたって、この「砂場」で遊び、物語を作り、衣装を作り出し、ダークサイドだろうがライトサイドだろうが喜びを共有
してきたことです。映画には、みんなのための何かが、誰かがいつもそこにあるのです。

デイジー・リドリー(レイ役)


これから、世界中に映画が公開されるんだ、というワクワク感でいっぱいです。
ちょっと前から周りの人たちが「終わってしまうのはどんな感じですか?」「終わってしまうんですよね」って私に言ってくるようになって。頭の中から“終わり”が離れなくなってしまって、私は悲しくて酷いくらい感情的に泣いてしまったんです。皆さんにはこの作品
を観てもらいたいけれど、終わってしまうというのは……、とても不思議な感じがします。


レイというキャラクターを演じていて、(ライトサイドorダークサイド)どちらのサイドに着くとしても、その一部になりたいと思わせてくれる
し、もし観客とし観てもその物語の一部になって楽しめる。『スター・ウォーズ』は、誰が観ても楽しめる普遍的なストーリーがあると思います。

アダム・ドライバー(カイロ・レン役)


スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け ワールドプレミア 米ロサンゼルス
(C) 2019 and TM Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

「スター・ウォーズ」がこんなに長い間、愛されてきたのはキャラクターがあるからなんだと思います。彼らを囲む、壮大な背景、それはデザイン的にもとても美しいものですし、物語の本質的なものも普遍的なテーマを扱っています。

小さな町に閉じ込められていると感じていたルーク・スカイウォーカーには何か大きな事に巻き込まれる運命が待っていて、その小さな町から抜け出し、そこに立ち向かう必要があった。そして物語は、彼の家族について語り、その家族からは誰も逃れられず、物語はその全てと家族との関わりを描くのです。逃れられないと感じられる運命、そして変えてしまいたいと思う宿命、そしてそこにある大きなテーマ、それらすべてがこの物語を時代と共にあ
る存在にしていると思います。


J.J.エイブラムス監督

スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け ワールドプレミア 米ロサンゼルス
(C) 2019 and TM Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.


ついにここまで来て、とても楽しい気分になっています。観客の皆さんに、早く映画を観て頂くことが待ちきれませんね。
すべてをまとめ上げなくてはいけないと、これまでにない難しい注文でした。その上であの伝説のビリー・ディー・ウィリアムズを含むすばら
しいキャストとも仕事ができ、とても楽しいチャレンジでしたよ。

映画『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』は2019年12月20日(金)日米同時公開

プレミアからはレビューも到着

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly