Menu
(0)

Search

『トイ・ストーリー4』スピンオフ作品が早くも誕生 ─ ボー・ピープの知られざる物語、新キャラ「フォーキー」の世界探求

トイ・ストーリー

ディズニーピクサー映画『トイ・ストーリー4』から、早くもスピンオフ作品が2本誕生することがわかった。2019年4月11日(米国時間)、ウォルト・ディズニー・カンパニーの新映像配信サービス「Disney+」で配信されるオリジナル作品のラインナップとして正式に告知されている。

発表によると、このたび『トイ・ストーリー4』からのスピンオフが決定したのは、『トイ・ストーリー』(1995)『トイ・ストーリー2』(1999)のヒロインとして登場したボー・ピープを主人公とする短編作品『ランプ・ライフ(邦題未定、原題:Lamp Life)』と、本作で初登場となる新キャラクター「フォーキー」を主人公とする短編シリーズ「フォーキーの質問(邦題未定、原題:Forky Asks A Question)」だ。

『トイ・ストーリー4』で久々のシリーズ復帰を果たすボー・ピープは、予告編でも印象的なように、かつてとはビジュアルを大きく変えての再登場となる。米The Hollywood Reporterによると、スピンオフ作品『ランプ・ライフ』は、『2』から『4』までの知られざるボー・ピープを描く内容になるとのこと。バズ・ライトイヤーの声を担当するティム・アレンは、『トイ・ストーリー4』では「彼女がどこにいたのかを悲劇的なかたちで知ることになる」といい、その変化こそが作品のカギであることを示唆している

また、特報映像から大きくフィーチャーされているフォーキーは、『トイ・ストーリー3』(2010)に続いて登場する少女ボニーが生み出した“オモチャじゃない”キャラクター。どうもフォーキーには「アイデンティティ」というテーマが隠れていそうだが、こちらもどんな結末に至るのかがポイントとなるだろう。スピンオフ作品「フォーキーの質問」は、フォーキーが「愛とは?」「チーズって何?」といった質問を通して、自分の生まれた世界を理解していく物語だという。

ボー・ピープ&フォーキーのスピンオフ作品は「Disney+」オリジナル作品で、特に「フォーキーの質問」は米国でのサービス開始日である11月12日から配信予定。したがって、『トイ・ストーリー4』の内容をきちんと踏まえた作品になっている可能性も高そうだ。まずは映画を観てみないと始まらない…!

映画『トイ・ストーリー4』は2019年7月12日(金)全国ロードショー

『トイ・ストーリー4』公式サイト:https://www.disney.co.jp/movie/toy4.html

「Disney+」サービス詳細はこちらの記事で

Sources: Disney(1, 2), THR, ComicBook.com

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly