Menu
(0)

Search

『ザ・スーサイド・スクワッド』キャプテン・ブーメラン役、フラッシュとの対決を熱望 ─「チャンスはたくさん」

スーサイド・スクワッド
SUICIDE SQUAD and all related characters and elements are trademarks of and © DC Comics. © 2016 Warner Bros. Entertainment Inc. and Ratpac-Dune Entertainment LLC. All rights reserved

ブーメランは必ず元の場所に戻ってきます」。

これは、2016年の『スーサイド・スクワッド』に続き、DCコミックスの新作映画『ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結』で出演復帰を果たしたジェイ・コートニーが、自身が演じるキャプテン・ブーメランの単独作品の可能性を訊かれて放った言葉だ。コートニーは同役の再演にかなり前向きでいるようだが、実際のところはというと……?

このたび米トーク番組に出演したコートニーは、司会のジミー・ファロンから「ネット上ではキャプテン・ブーメランのスピンオフを望む声で溢れてますね」と投げかけられるや、すかさず「やりましょうよ」と返した。「やりましょう。皆さんが望むものを。ほんとに」と続けるコートニー。並々ならぬやる気が感じられる。「やりたいですか?」と改めて意志を訊かれたコートニーは、「これ前から言っているんですけど」と切り出した上で、冒頭の言葉を続けたのだ。

「ブーメランは必ず元の場所に戻ってきます。今では、彼(キャプテン・ブーメラン)には多くのチャンスがあると思うんです。そうしたもの全部、できると思うんですよ。ドラマシリーズやスピンオフが。あとは、『ザ・フラッシュ』にひょっこり出るとか。ワーナー・ブラザースなら、これから何があるのか知っているでしょうね。」

コートニーが触れているように、キャプテン・ブーメランは、原作コミックではフラッシュの敵として登場する。実写作品ではスーサイド・スクワッドの一員として有名だが、フラッシュ打倒のために結成されたヴィランチーム、“ローグス”にも属しているヴィランなのである。2016年の『スーサイド・スクワッド』でも、キャプテン・ブーメランは強盗の最中にフラッシュに捕まって投獄されている。

フラッシュといえば、『ジャスティス・リーグ』(2017)などでエズラ・ミラーが演じたフラッシュ/バリー・アレンによる単独映画『ザ・フラッシュ(原題:The Flash)』が2022年に公開を控えている。コートニーは、キャプテン・ブーメラン再演を可能性の同作に見出しているようで、以前にも出演を希望していた。もっとも、現時点では『ザ・フラッシュ』にキャプテン・ブーメランが再登場するという情報は発表されておらず、コートニー自身も今後の予定は「分からない」と断言しているため、可能性は未知数だ。ワーナーが『ザ・スーサイド・スクワッド』で再び投げたブーメランが戻ってくるのはいつになるだろうか。

映画『ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結』は全国公開中。

Source: The Tonight Show Starring Jimmy Fallon,Comicbook

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly